彼女の話

彼女の一番古い記憶

投稿日:

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。

「わかる」

 

-何歳頃だったと思うか。

「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」

 

-思い出した記憶には色がついているか。

「これって色が思いつかないから、ないんじゃないかな。」

 

-それは夢や映画みたいな物語として思い出したか。

「物語…ではない。一場面だけ。」

 

-自分がいるか。

「いる。見える。」

 

-どこからみている?

「少し前の方…右斜め上から見下ろしている。」

 

-顔が見えるか。

「見えない。抱いたあかちゃんをみているからうつむいている。」

 

-感覚や感情があるか。

「ある。腕がしびれてる。ミルクをあげたりもした。きついから誰か代わってくれないかなと思ってたと思うし、暗かった。誰か大人がもう一人かときどき二人いたと思うけど、声をかけられたような気もするし、一瞥されただけのような気もする。女のひとだった。なにか食べ物のにおいがしていたような気もする。保育園の先生たちの部屋かもしれない。白い円筒形の石油ストーブ、上に薬缶とかおけるストーブがあって、寒くはなかった。保育園だったことは確実だ。ほかの子たちはもういなかった。みんな帰ってた。暗かったのに、なんで私だけいたのかな。部屋が暗かっただけかもしれない。最初はかわいいと思ったと思うけど、このあかちゃんをいつまで抱えてるんだろうと不安になった。制服のコートは着てなくて白い服を着てた。あかちゃんも白い服だったような。あかちゃん重かったな。」

 



(彼女は昔からわりと頻繁にこの記憶を思い出しており、
驚くほどスラスラと語ることができた。)

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ