彼女の話

彼女の乏しい注意力

投稿日:


彼女を見ていると、ほと集中力がまったくないのがよくわかる。
いや、集中力がない、というよりは気が激しく分散していると言った方が正しい。
同じことだろうと思われるかもしれないが、
例えば本を読む、映画をみる、といったことの一つ一つは
まあ、比較的長くやっていられるのである(比較的)。

だが、今あることをしようとテーブルに来たが、
テーブルの上の封書を見て意識はそちらへ飛んでしまう、
封書を開けるためのオープナーに手を伸ばそうとすると
充電しようと思っていたイヤフォンが目に付く。
充電ケーブルに手を伸ばすとコットンの糸玉にかぎ針が刺さっていないのに気付いて、
どこにやってしまったんだろうとキョロキョロしだす。

記憶力も続かない。
昨日やった仕事のことが全然思い出せない、
もしくは記憶の棚から引っ張り出してくるのに
色んなメモやメールのやり取りなんかを漁って
かなりの時間がかかってしまう。
電話口で突然聞かれたりすると何のことだかまったく分からない。
その時その時は集中できているのだが、
一度終わってしまうとその後は意識が散漫して
色んな記憶がうまくつながっていっていかない。


人に迷惑をかけてしまうこともあり、
小さな世界で生きている彼女にとっては些細な失敗でも
壮大なモヤモヤとなって彼女の中で長いこと停滞してしまう。
そんなことがちょこちょこあって疲弊気味だ。

以前はこんなことはなかったのだ。
どうしてこうも顕著に忘れっぽく、気が散りやすくなったのか。

僕は彼女がほとんど空想世界の話をしなくなっているのにその理由があるような気がした。
彼女の中で
それは心の変化といえばそうかもしれないし、
置いてきた何かの存在がよぎったのかもしれないし、
もっと具体的な認知システムの切り替わりなんてのが
起ころうとしているのかもしれない。

空想世界が遠のいた、ということが果たしてどんな意味を持つか分からないが、
彼女には大なり小なり”彼女が”気になることがものすごく増えた、ということは言えるかもしれない。
人のキャパには限界がある。
漫画の続きにせよ、昨日友達を傷つけてしまったことにせよ、
人が集中できない、注意力が欠けるという時はそういった気になることがある時で、
そんな時は空想する余裕もない。
違う世界に行っているわけでもなく、目の前のことに向き合えているわけでもなく、
彼女は一体何を気にしているのだろうか。

思い出せない時や目の前のことがいちいち気になって仕方ない時、
彼女は確かに行き場のない不安な様子をみせることもある。
何だかわからないけれどどうしていいか困っている、という漠然とした恐れは
思春期あたりの人たちによくある。
彼女は今そんな何か境界的な場所にいるのかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

PREV
生活
NEXT
(no title5)
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ