彼女の話

怒った顔

投稿日:

彼女にはおかしなクセがあって
男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。
相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても
彼女はふうっと
「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とその笑顔を見ながら想像しているのだ。

その中でも怒った顔が想像できない人というのが時々いる。
僕も普段「こいつあんま怒ったりしないんだろうな」とつい思ってしまうような
温厚な男がいるが、そんな男たちのことかもしれない。
彼女はそういう男たちほど余計に警戒心や懐疑心が高まってしまうようだ。


だからといって想像してどうなるというわけでもない。
さすがの彼女もただその日その時少し目の前にいただけの男たちすべてに
それ以上色々思いをはせることはないし、彼らに何かを決めつけるわけでもない。

その男の怒った顔を想像する。
これは自動的に行われてしまう、ごくごく瞬間的な彼女の癖だ。

僕も今こうして書きながら、だからなんだっけと手が止まってしまった。
ただこの癖はあまりにも刹那的に行われている為、
彼女自身もつい最近自分のこの妙な癖に気付いたらしく少し戸惑っている。
だから今のところこれ以上何も情報はないのだ。


一体どれくらいの範囲の男にそうなってしまうのか、
(例えば職場でよく話をする人なのか、またはコンビニのレジのおにーさんたちにもなのか)
想像しやすい人はどんな人か、想像できないのはどんな人か、
想像したときどんな気持ちになるのか、それを言葉にできるか
などなど・・・

僕は少し気になってはいるので、
彼女がこんなことを検証できたら聞きたいなと思ったのだが
彼女から話してこない限りはやっぱりやめておくことにしようと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

検診

彼女は最近定期健診を受けた。 結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。 よかったよかった。 受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。 エコーには相変わらず腫れた甲状腺と …

特別でなければならない彼女と何もない自分

特別でなければならない彼女と何もない自分

この日彼女はシャルドネを飲んでいた。普段ならほとんど飲まない。彼女は白ならピノグリが好きだからだ。良く冷えたシャルドネは思いのほかおいしかった。彼女は突然ひどく安堵した自分にきづいた。それは一日を終え …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ