彼女の話

怒った顔

投稿日:

彼女にはおかしなクセがあって
男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。
相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても
彼女はふうっと
「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とその笑顔を見ながら想像しているのだ。

その中でも怒った顔が想像できない人というのが時々いる。
僕も普段「こいつあんま怒ったりしないんだろうな」とつい思ってしまうような
温厚な男がいるが、そんな男たちのことかもしれない。
彼女はそういう男たちほど余計に警戒心や懐疑心が高まってしまうようだ。


だからといって想像してどうなるというわけでもない。
さすがの彼女もただその日その時少し目の前にいただけの男たちすべてに
それ以上色々思いをはせることはないし、彼らに何かを決めつけるわけでもない。

その男の怒った顔を想像する。
これは自動的に行われてしまう、ごくごく瞬間的な彼女の癖だ。

僕も今こうして書きながら、だからなんだっけと手が止まってしまった。
ただこの癖はあまりにも刹那的に行われている為、
彼女自身もつい最近自分のこの妙な癖に気付いたらしく少し戸惑っている。
だから今のところこれ以上何も情報はないのだ。


一体どれくらいの範囲の男にそうなってしまうのか、
(例えば職場でよく話をする人なのか、またはコンビニのレジのおにーさんたちにもなのか)
想像しやすい人はどんな人か、想像できないのはどんな人か、
想像したときどんな気持ちになるのか、それを言葉にできるか
などなど・・・

僕は少し気になってはいるので、
彼女がこんなことを検証できたら聞きたいなと思ったのだが
彼女から話してこない限りはやっぱりやめておくことにしようと思う。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。 タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。 その中に柴 …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ