彼女の話

投稿日:2017年6月3日 更新日:

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。
知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。

男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、
周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそうだ。
それにも関わらず子供好きであったり、どうにも周りからすると憎めない、
どうしようもないことをやらかしても何度でも叱って諭したくなるような人だったらしい。

そんな彼が最近になってまっとうな(?)な生活を送るようになったらしかった。
定職に就き、毎日辛くも一生懸命に働き、一般的な暮らしを始めたらしかった。

それなのに彼は死んだ。
空っぽの吸引器のそばで彼は横たわっていたのだ。


彼女は聞きながら涙をこらえるのに必死だった。
彼がおそらくはお金がなくて補充することができなかった吸引器を握りしめ
肺に音をたてながら懸命に呼吸しようとする見たこともない彼の姿を想像した。
だんだん涙をこらえる喉が苦しいのか、自分の肺まで苦しくなったのか分からなくなってきた。


彼女はいつも肺の病気を他の病気以上に恐れる。
タバコの吸いすぎで黒くなった肺を見たときや、
肺にカビが生える病気の話、肺がん、そしてぜんそくなど、
見たり聞いたりしただけでとにかく足がすくむ思いがして息苦しさを覚える。


彼女は思う。
苦しい、という言葉は体からきたものだろうか、こころからきたものだろうか、と。
痛いとか辛いとかより「苦しい方がよっぽどいやだ」と。
「苦しいのがいちばんいやだ」、と。


彼はどんなにか苦しかっただろう。
その生の最後の瞬間が、息ができない、ということ、
そして自分は死ぬのだ、ということをその苦しさの中で感じたのだろうか。


彼女は自分には想像できない、と思った。
自分は苦しい苦しいと思っているところがあるけれど、
きっと本当の苦しさなんて知らないのだ、とハッとした。



肺

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

6月

彼女は城のベランダの手すりに体をもたせかけて 向かいの川沿いに生え茂る草や木々を見つめていた。 眩しかった。 冴え渉る空の青に木々の緑が風の勢いを借りて下から覆いかぶさろうとしていた。 そしてそれは太 …

noimage

3月11日-ある春の日

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

カーテン、そして窓劇場

カーテン、そして窓劇場

彼女は時おりカーテンを開けるようになった。レースカーテンまでみんな開ける。暖かければ窓も開けて外の音をきいている。 彼女がいつもの定位置に腰を下ろすと、その真ん前に空が広がる。 ”現代社会は空が狭くな …

noimage

(no title5)

そういうわけで彼女は以前ほど酒を飲まなくなった。確かにアルコールは血糖値に響く。酒は糖分豊富だからと思いがちだが、アルコールを分解するのに必死の間、肝臓はブトウ等を十分に供給できない。数回にわたって低 …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ