彼女の話

人が好き至上主義者と彼女

投稿日:

彼女には劣等感がある。
幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。
今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。
今は算数ができないけれど、大人になればできるのだと。
でも実際は算数も人付き合いもあの頃のまま、できないままだ。


彼女の職場の人たちは
人が一番大事、人が好きでいられるならなんだって大丈夫みたいな人たちがいて、
そんな彼らの話に彼女はいつもついていけないでいる。
正直なところ辟易しているのだ。
人が好き至上主義、大変結構。
「それは分かったから肝心のその方法を教えてくれ」

彼女は思う。
あの人たちはそういうことで優越感を感じたいだけだ。
もったいないよって言いながら人嫌いを否定して損してるって見下したいだけだ。
「言っとくけどそれはあんたらが努力して得たものじゃあない。
幼いあんたらに周囲がくれた信頼という才能だ。
もらったものをフリカザシて偉ぶるんじゃない」


最近彼女は荒んでいるのだ。
こんな風に人が好きな彼女の同僚は、事実とてもいい人たちなのである。
彼女は大変甘やかされていると言ってもいい。
当初彼女もそう信じて、なんていい人たちなんだろう、と思っていたし、
いまだって100%そう思っていないわけでは決してないのだ。


僕が思うに彼女は年のわりに純粋すぎるのかもしれない。
どんないい人にだって、イラつくことや許せないことはあるだろう。
そうでなければ人間じゃない。

でも彼女は”いい人”だと思い込んでいた人が、
『あいつせっかくセッティングしてやったのにすっぽかしやがって頭おかしい、もう絶対つるまん』
とか
『あの人あんなところで一時停止して絶対頭悪い』
とか
そんなイラつきの一端を耳にしただけでものすごく驚いてしまうのだ。
「え、なんで、この間までその『あいつ』のことめちゃめちゃいいやつだって紹介してたじゃん、
すっぽかした理由を考えてあげないの、なんかあったのかなって思わないの。」
「この人、あんなに人が好きって言いながら、この数秒見ただけの知らない人に頭悪い診断下しちゃうんだ。
疲れてるのかもしれないじゃん、後ろで赤ちゃんが大泣きしてるのかも知れないじゃん、
大切な人への贈り物が揺れ落ちて心配になっただけかも知れないじゃん。
だからだから少し止まっただけかもしれないじゃん」
「この人たち、どういう人たちなの。
人が好きって、、自分が気に入ってる人たちは好きって、その人たちだけ大切にするって、そういうことなの。
だから私にも優しいの、それが人が好きってことなの」
そして彼女の大脳は悲鳴を上げ始める。
「人ってなに」


人が好き至上主義者たちも、心底本気でそう思っているかもしれないが、
その日は単に機嫌が悪かったのかもしれない。
彼女も同じだ。
彼らが悪態をついてしまった理由を考えるに至っていない。


彼女はあまりにも狭すぎる世界で生きている。
人間は0か100で作られてはいない。
美しいものだけを見て生きてはいられないのに、
どうにかそうやって生きていきたいと思っているのが彼女なのだ。
それが彼女の世界を狭めているのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ