彼女の話

投稿日:

”HSPは恋に落ちやすい”
この”恋”は本当に恋だろうか。


彼女が恋をしているかもしれない。
しかもガチでリアルかもしれない。

もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。
彼女の恋愛偏差値は小学生レベルでうっ止まっているので、
僕がいつも気になるのは、それは本当に恋なのか、ということだ。
いわゆる”恋に恋している”可能性が高い。
少なくとも今までの彼女はリアルに誰かを好きになったことはない。
これまで付き合った男がいないわけではないが、
後で振り返ってみると本当に好きだったのか、どこまでも謎だと話してくれたことがあった。


何をもってして彼女が”恋に恋している”だけだと決めつけられるわけでもないが、
彼女は彼女でそういった状況を自分に都合よく楽しんでいた様子もある。
おそらくはその相手は誰だっていいのである。
リアルでも、芸能人でも、二次元でも、妄想でも、
その時にそれっぽくあれば”それは恋”でよかったわけだ。
だから結局は何も進まない、すべては彼女の脳内で終始する。
またそうでなければならなかった。


しかし今回は彼女がリアルの誰かに興味を持ったということが肝要だ。

相手がだれであっても彼女はいつも自分とは関係ない人、として見ている。
同級生であっても、毎日顔を合わせる職場の人間であっても
自分とは繋がらない、相手からも繋がらせない。
仮面の下でその距離を絶妙に測り保っている。

その彼女を動揺させているらしい存在が現れたのだ。
脳内で楽しむだけの存在ではないようなのである。
本気でヘコんだりしているのだ。
妄想ならわざわざ本当にヘコまなければならないハプニングを起こす必要はない。
申し訳ないが、僕はちょっと笑ってしまった。


なんだか知らないが、そんなわけで今は少しそっとしておいて、
何か嬉しいハプニングでも起きたときにもう少し詳しく聞いてみたいと思っている。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ