彼女の話

失い

投稿日:2018年3月28日 更新日:

彼女はテレビをみない。
ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に
だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。
汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・
もしかしたらニュースは無数の同じ事件を
毎日リピートしているのではないのだろうかと思いたくなる。



そしてまたいじめでひとつの命が消えた。


小学生の女の子。
ニュースを見たとき彼女は喉の奥が詰まって重くなり、
肺をわしづかみにされたような苦しさに顔を歪ませた。

ひとりでどれだけ泣いたのだろう。

誰に助けを求めても救われなかった。
まだ小さく柔らかいその手や爪を何度涙で濡らしただろうか。
もう理不尽でも怒りでも口惜しさでも悲しみでもない、
少女の体の内外からまとわりついたただ黒い絶望。

彼女はだんだん少女のことが頭から離れなくなってきた。
想像するだけで体がビクつく。
喉が熱い。



少女を死に追い込んだ同級生を思った。
小学生の女の子。
10代に入ったばかりで、これからの生その数十年間、ずっと何かを背負って生きていく。
齢を経るごとに、社会を知るごとに、人を知るごとに、
その重大さに押しつぶされながら生きていくのだろうか。



なにが悪かったのだろう。
この同級生か、その親か。
それならその親を育てた親も悪いとでもいうのだろうか。
それともこれまでの歴史か、制度か、社会か、近代化か、巡りあわせか。

自分だってもし少女の側にいたとしても救えたかどうかわからない。


一体どこで何を踏みはずして私たちはこの子を失ったのだろう。



彼女はそこまで考えて頭がひどく混乱しだしたのに気付いた。
喉が詰まっているせいで深呼吸が上手くできない。
それは少女の嗚咽をこらえた喉と肺の痛みのような気がした。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

noimage

(no title5)

そういうわけで彼女は以前ほど酒を飲まなくなった。確かにアルコールは血糖値に響く。酒は糖分豊富だからと思いがちだが、アルコールを分解するのに必死の間、肝臓はブトウ等を十分に供給できない。数回にわたって低 …

noimage

満たされないのは

「どこにいても 何をしていても だれと話しても 満たされないのは 自分のことばかり かんがえているから」

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ