彼女の話

彼女が失うもの

投稿日:

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。

人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。


彼女にはできないことが多すぎる。
彼女の中で
これはできる、これはできない、の境界線がかなり意図的に明確に認識されている。
その線引きは打弦楽器みたいなもので、ピアノを想像してもらえばいい。
生活していく中で起こる様々な出来事が刺激となり彼女の感情の鍵盤を叩く。
鍵盤を叩くという刺激を受けたと同時に、判定という名の弦が弾かれ、”できない”の音が鳴るのだ。


食事に誘われる。人と一緒に食べられない。行けない。
食事に誘われる。ステンレスの食器が出てくる。食べられない。
食事に誘われる。ずっと笑っていなければいけない。仮面をはめ続けていられない。


何ものにも束縛されず、人との交流を避けてまで自分だけの自由に閉じこもる。
侵襲が少なく可逆的。
安全だけはいつも彼女の横にある。
そしてできないことが増えていく。


彼女はピアノの音がとても好きだ。
あの白と黒と時々ゴールドが大好きだ。

今はもう使わなくなった白黒フィルム。
いつまでたっても色がつかない自分の絵。
めくってもめくっても白と黒と無数の灰色がつづくスケッチブック。


こういう彼女が失うものはなんだろう。



彼女が失うもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

noimage

この冬の彼女

訪ねたとき彼女はいなかった。この気温の低い時期、彼女が外出することはほとんどない。一瞬変な感じがしないでもなかったが、そう、彼女は「特に生きたくもないが、死にたくもない」のだ。どこかにいる。 近所をウ …

橋の上の彼女

橋の上の彼女

彼女はもう寒さをあまり怖がらなくなっていた。冷たい北風を愛おしく頬で受け止められるほどに。 今でも冬の朝は起きられない。コタツと共に生きたいと心から願っている。それでも一日中とりつかれたようにベッドや …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ