彼女の話

もの・もの・もの・

投稿日:2017年1月8日 更新日:

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。
「いつの間にこんなに増殖したのか」

彼女は数年の外国での暮らしから帰国したとき、
大きめのスーツケースと小さなスーツケース1つ、
そして中くらいの段ボール2個のほかは何も持っていなかった。
銀行口座に少しあるお金のほかはそれが彼女の全財産だった。
そんなわけで入居した時の城にはそれらがぽつん、とあるだけだったのである。


しかし彼女はミニマリストになりたいと思っているわけではないので、
彼女も生活するのなら冷蔵庫とか洗濯機とかテーブルとかはないと不便だ。
彼女は頭の中でそれらに「承認済」を貼り付けた。
テレビ、靴箱、姿見・・・
彼女は首をかしげながらも「可」をそろっと貼った。
リュック、ショルダーバッグ、トートバッグ、3WAYバッグ・・・
「ん???!」
ストール、マフラー、スヌード、ショール、スカーフ・・・
「なっっっ??!」
あとは想像通り、コートやジャケットやスキニーパンツやジーパンやワンピースや・・・
といった具合にクローゼットはいっぱい。
(しかもご存じのとおり彼女はあまり出かけない。)


あとは本だ。
借りたり売ったりすればいいのだが、
まず借りると期限内に返却しなければならないのが彼女はストレスだし、
また読むかもしれないと思うと売れない。
しかも彼女は前にも読んだことに気付かずにまた買ってしまうということがあって
(彼女はタイトルと目次と文体をみて1分以内に買うかそのまま戻すか決めてしまう。)
これは増えるばかりなのである。


彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。
その最たるものはおそらく家だろうと思っていて、
万が一、家のほかに別荘を何軒も持てるようなお金を持ったとしても
家だけは買わないだろうと思っている。

しかし、なぜこんなことになってしまったのか。
いくら家などに縛り付けられず自由でいたいと思っていても
これでは同じことだなぁ、と彼女は苦笑しながらなんとか大掃除を済ませたのだった。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

彼女の家計簿

彼女は長いこと家計簿をつけている。エクセルで自分仕様に作成した。色んなソフトやアプリを使っても細かなことまで気になる彼女だ。結局は自分で好きなように作ってしまうのが良い。 彼女の家計簿は終活にも見える …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ