彼女の話

彼女の洞窟リテラシー

投稿日:

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。
自分は何か違うということを。
どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。
むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気付いていたかもしれない。
彼女は俯いて自分の小さな胸を覗き込み
頭の中に広がるその洞窟を見ていた。


学校に行ったり、本をよんだり、色々と知識がついてきて
彼女はいつの頃からか自分は違う星から来たんだろうと思うようになった。
大人にきくと、そうだ、あなたは橋の下で拾われてきたのだと言っていた。
今思えば冗談のようだったとも思うが、その頃は「そうだろうなぁ」と思った。


年経て更に世の中らしきものに触れるようになったとき、
自分が違う星からやってきたということは
どうやらほぼほぼ不可能な話であると気づくようになった。
その頃には大気圏を超えずとも
自分とは違う言葉を話し、今までに触れたことのない空気のある他の土地があることを知った。
自分の場所はそこではないかと思い込むようになった彼女は飛行機に乗った。
それから数年を過ごしたが、ある程度言葉を共有するようになっても
彼女の洞窟に光が照らされることはなかった。


どこにいても、何をしていても、
いつも彼女の背後で主張する今にも発火しそうなカラカラの虚無感。
・・・乾いているなら海にでも潜ればいいのだろうか。



違う星にはいけないことが分かった。
違う土地に行ってもそこではないことが分かった。
知らなければ、行ってみなければ、それは分からなかったことだった。

今回もとりあえず潜ってみなければ分からない。
彼女は最近プールに行って1000m以上ゆらゆら泳ぎ続けている。
四角い海で彼女は上を見上げて洞窟に光が入るポイントを探している。



彼女の洞窟リテラシー

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ