彼女の話

メロディの輪郭

投稿日:


涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。
イヤフォンを使うことが少なくなった。
空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。
うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げると雨でかさの増した川、
その手前の桜の幹にはびこる毛虫。
ぎょっとして身も目線もどこぞに泳ぐ。




目の中に入ってくるものを見る。

ただ見る。何も考えない。

それは焦燥の現代を生きる僕らにはすごく難しい。




音楽やスマホやおしゃべり、空想に妄想に将来のこと、
遅刻や天気やお金のこと、楽しみや不安やさみしさのこと。
僕たちを創る様々に大切な塵埃たち。
目に入ってくるものを見る前にそれらは粉塵となって目の前のものを背景化する。




だからといって
見上げた公園の木々の紅葉と青空のコントラストが美しい、
などと見るものすべてにイチイチ心を動かしているわけではない。
むしろ何も感じていないのかもしれない。




食器洗いを手に取る。

自ら掴んだ手の中のコップ。こすられるコップ。手を離れて置かれるコップ。

コップから垂れていく滴と泡。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ