彼女の話

彼女とLINE

投稿日:

彼女はLINEをやっていない。

できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、

まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。

 

LINEで連絡が取れないのなら、メアドや電話番号というほかの手段もあるのだが、

不思議なことにほとんどの人はそこまで訊いてこようとはしない。

 

1.最近はそういったLINE以外の連絡手段が少し踏み込んだものになってしまっているせいかもしれないし、

2.”LINEをやっていない=壁を作る人”または”距離を置きたがる人”と無意識にとらえられ、

「そっちがつながりたくないのなら、無理してつながる必要はない」とあきらめているのかもしれない。

3.「自分とはしたくないからやっていないと嘘をついているのかも。自分はきらわれているのだろうか」などと気の毒なことを思っている人もいるかもしれないし、

4.「面倒でやりたくないんだろう」と一定の理解をしてくれているのかもしれない。

5.単に「つまらない人」となっているのかもしれない。

何も思わない人はあまりいない気がするし、「何も思わない」ほうが「つまらない」気もする。

まあこれは僕の勝手な推測たちだが。

 

彼らの内心がどうであれ彼女が一番困るリアクションは

「LINEやってないんですか?!え、なんでですか??!」。

彼女はそのたびにうんざりする。

「ああ、めんどうだな、 なんでだっていいじゃないか。」

 

最近はあの緑のロゴや「へんなうさぎやくま」をみただけで小さな拒絶反応が起こり、

物理的にもできるだけ離れようとする。

 

ちなみに彼女はLINEと似たような、でも誰もやっていないようなマイナーなコミュニケーションアプリを入れている。

彼女の数少ない友人たちは月にほんの1、2回「ピコん」と静かに彼女のスマホを鳴らす。

友人たちは彼女のそれが四六時中「ピコんピコん」鳴ることを彼女が嫌うことを知っている。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ