彼女の話

落ち着かない人生

投稿日:2017年1月30日 更新日:

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。
”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。
そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うのである。

確かに彼女自身も自分の存在する先々で「ふつうはあまり起こりそうのないこと」が起こる、と自覚している。
彼女自身が選択したことの結果であることもあるにはあるが、不可抗力によるものも多い。
そしてそれらが彼女の住む場所を変え、生きる糧を変え、人も環境も変えていく。


それでも”彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある”と聞いたとき、
彼女は少しどきっとした。
決してそう望んだことなど一度もないのだが、そういった数々の変化に不思議と淡々と接してきたところはある。



今、彼女のそばで一つ起こっている出来事がある。
「ふつうはあまり起こりそうのないこと」だ。
ちなみに良いことではない。
そして彼女が何を考えているのかというと、
「さぁ、これから自分の人生はどう転がっていくだろう」ということだ。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ