彼女の話

投稿日:2017年3月2日 更新日:

「嘘ってなんだろう」
彼女は嘘についてよく考える。


昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。
黒い嘘と白い嘘ってやつだ。
「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない
自分を守るための嘘があることを知った。


小さいころ彼女は
「嘘はみんなに嫌われている。嘘かわいそう」と思っていた。
白い嘘も黒い嘘も結局はみんな悪者にされてしまう。
嘘は誰かを何かを守る盾になってくれているのに、と。
彼女は成長するにつれてそれらの区別がつくようになった。

ついてはいけない嘘と
つかなければいけない嘘と
ついてしまう嘘。


彼女はよく嘘をつく子供だった。
小学生のころまで続いたと思われる。
そうしなければ生きていけないと心のどこかで思っていた。
だから嘘は考えなくても出てきた。
嘘はいつも彼女を彼女の何かを守っていた。
この癖は友人Nに会うまで続き、その後もしばらくはなかなかやめることができなかった。
いや、最近でもまだ彼女をかばおうと喉から勝手に出てきそうになることがある。


彼女は嘘をどう扱っていいか分からない。
矛盾しているようだが、彼女は正義感が少し強すぎる。
嘘をつくことは少なくなったが、
嘘をつかれると果てしなく不快に不機嫌になる。


嘘つきは嫌いだ。
でもそこにはいつも理由があることも知っている。
だから嘘とどう接していいか分からない。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ