彼女の話

投稿日:2017年3月2日 更新日:

「嘘ってなんだろう」
彼女は嘘についてよく考える。


昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。
黒い嘘と白い嘘ってやつだ。
「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない
自分を守るための嘘があることを知った。


小さいころ彼女は
「嘘はみんなに嫌われている。嘘かわいそう」と思っていた。
白い嘘も黒い嘘も結局はみんな悪者にされてしまう。
嘘は誰かを何かを守る盾になってくれているのに、と。
彼女は成長するにつれてそれらの区別がつくようになった。

ついてはいけない嘘と
つかなければいけない嘘と
ついてしまう嘘。


彼女はよく嘘をつく子供だった。
小学生のころまで続いたと思われる。
そうしなければ生きていけないと心のどこかで思っていた。
だから嘘は考えなくても出てきた。
嘘はいつも彼女を彼女の何かを守っていた。
この癖は友人Nに会うまで続き、その後もしばらくはなかなかやめることができなかった。
いや、最近でもまだ彼女をかばおうと喉から勝手に出てきそうになることがある。


彼女は嘘をどう扱っていいか分からない。
矛盾しているようだが、彼女は正義感が少し強すぎる。
嘘をつくことは少なくなったが、
嘘をつかれると果てしなく不快に不機嫌になる。


嘘つきは嫌いだ。
でもそこにはいつも理由があることも知っている。
だから嘘とどう接していいか分からない。

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ