彼女の話

彼女がつくり、守ってきたもの

投稿日:2016年12月18日 更新日:

彼女はときどき放心している。
急に頭が重たくなってひどく眠たくなって頭を床に打ち付けるように倒れこむ。

目が覚めたとき、まるで眠っている間に誰かが頭に鉛を詰め込んでいったかのように
さらに重たくなっているときがある。
そんな時は彼女の長く真っ黒い髪の毛も全部鉄の鎖になって頭皮を突き抜け鉛に結合し
とてつもない重量になってしまっている。

そんなことになってしまった頭をもちあげることは容易ではない。
下半身の体勢を整えてなんとか土下座の姿勢にはもっていくが、
それから頭だけがあがらない。

なんでこんなことになってしまったのか、彼女は泣きながらどうにかして顔をあげようとする。
腕でしっかり支えておかないと、首がくしゃんと折れてしまう。

「誰か」

彼女はどんなに具合が悪くても人前でそれを決して見せない。
泣くこともない。
いてほしい時にいてほしい人がいないこと。
それが自分がつくり守ってきたものだと、こんなとき彼女は気づく。

頭が持ち上がった瞬間、鉛が頭蓋骨にあたってゴトンと響く。
それはボーリングの球が床に滑り落ちた時の音に少し似ている。

彼女がつくり、守ってきたもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕

最近まで僕は”彼女のHSPあるある”というページを設置していた。 彼女のことをメインにつづるこのブログの中で唯一他のHSPに向けたページだった。 何か彼女に共感しやすい接点を他のHSP達が見つけやすい …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

noimage

2020/01/18

彼女の先延ばし癖

noimage

2020/01/17

子どもたち

noimage

2020/01/16

非日常

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ