彼女の話

彼女を掴んで離さない幸せなもの

投稿日:2016年12月23日 更新日:

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、
これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。

こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても
「50円くらいで済む」らしい。
彼女は「たった50円でしあわせを感じられるのだから自分はとてもお手軽な人間だよなぁ」
と思っている。
彼女はブランド物のコスメやアクセサリーよりも断固としてこたつに価値を見出している。



休みの日の彼女はこたつに入る前に色んなものを準備する。

本、スケッチブック(こういう時彼女は自分の絵は色を使わないからお手軽だとありがたがる。色を使うともうもっともっと煩雑になってしまうから)、漫画、DVD、ノートパソコン、ペンケース、ランチョンマット(飲食物は必ず決まった場所に置かれる)、お菓子、あたたかい飲み物かお酒、たたまれるべき洗濯物、記入すべき書類(もしあれば)、家計簿につけるレシート、手帳、ココナッツオイルまたはワセリン(こたつによる乾燥は避けられない)、イヤホン、電子辞書、ティッシュ etc,etc…

まだあるかもしれないが、
とにかくこういったものでこたつ上部と座椅子の周りを「わーーーっ」と囲んでしまうのだ。
彼女は面倒くさがりなので、一度入ったら出なくて済むようにできるだけ必要なものは手の届く範囲にみんなみんな連れてきてしまう。

やらなければいけないもの、というものを除いては
ほとんどが彼女の好きなものが彼女を囲むことになり、
これが彼女を幸せにするもう一つの理由でもある。
彼女は最近これらをひとまとめに入れられる「ぐーたらボックス」をつくろうかと検討している。
それにすべてを詰め込めて、スタンバイのときに「わしゃーーっ」とひっくり返せばいいだけにしておけば完璧だ、と言いたいのだ。
これらに包囲されて暖まった空間に足をつっこむと「心も体もほくほくしてもう何も要らない」と思ってしまう。
(これは結婚願望の有無問題以前にハッキリ言って女性としてちょっと終わっているのではないか。)

例によってどうにも連れて来られないのがトイレ、ということになるが、
しかしこれによって途中で必要になったアイスなどをついでに供給できるからこれはこれでいいそうだ。



これだけ色んなものを連れてきていても彼女はそのすべてをこなすわけではない。
気分の変化が激しいのでどの気分にいつ切り替わってもいいようにすべてをそばに置いておくのだが、
それらのどれにも手をつけずにただ考え事にふけるだけという時も多い。

ただ暖かい存在が自分を包むということ、それ自体が彼女には大切なのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

怒りと光り

怒りと光り

このタイトルを見て、僕は一体何を書こうとしていたのかまったく思い出せない。 下書きフォルダでほこりをかぶっていただけのタイトル。 だけどほうっておけないかもしれないこのときの出来事を 僕は世の中に上げ …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ