彼女の話

子どもたち

投稿日:2020年1月17日 更新日:


彼女は子どもが結構好きだ。
遊び場の見守りの手伝いに時々出かけている。

子どもたちと接する時、彼女は相当無心にならざるを得ない。
考えて仮面を被り、取り繕っている暇など彼らは与えてくれない。
恐ろしいほどのエネルギーと感情と奇想天外な言動は
もはやついて行くのに精いっぱいだ。

子どもたちの他に大人もいる。
ふいに目に入った大人たちの姿に
彼女はすっかり仮面の剥がされた自分に気づいてうろたえる。
そうやって注意がそがれてしまった彼女に
子どもたちは目ざとく気づき、また彼らの世界に引き込もうと
向こうは向こうで必死になる。
彼女は忙しい。

その中でも今でも彼女が時々思い出す女の子がいる。
以前よくおばあちゃんに連れられてやってきていた。

Tちゃんはエコラリアする子だった。
いつもふんわりと笑っていて、相手の言った言葉を即時反復することが多かった。

彼女はTちゃんと話しているとまるで自分自身と話しているような
奇妙な感覚に襲われた。
Tちゃんはきいた言葉を繰り返す。
「すごいねぇ」「すき?」「ふしぎだねぇ」「いいねぇ」
彼女は自分でその言葉を発し、その自分の声を自分の耳で聞き、
またTちゃんの発した同じ言葉を聞いた。
何度も同じ言葉がふたりの間で繰り返される。
いつの間にかふたりだけの世界になっていくようだった。

子どもは不思議な存在だ。
自分自身もそうであったはずだ、とふっと思い出す。
どの子をみても自分の要素が少しずつ入っている。
どの子も自分に思えてくる。
彼女は子どもが結構好きだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

非日常

彼女は橋の下に立っていた。浩然と流れる川を見下ろしながら、コンクリートの巨大な人工物に包まれ抱え込まれているような安心感。橋の下はいつでも日常の中の非日常だ。そこにはお決まりのストリートアートが散らば …

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ