彼女の話

子どもたち

投稿日:2020年1月17日 更新日:


彼女は子どもが結構好きだ。
遊び場の見守りの手伝いに時々出かけている。

子どもたちと接する時、彼女は相当無心にならざるを得ない。
考えて仮面を被り、取り繕っている暇など彼らは与えてくれない。
恐ろしいほどのエネルギーと感情と奇想天外な言動は
もはやついて行くのに精いっぱいだ。

子どもたちの他に大人もいる。
ふいに目に入った大人たちの姿に
彼女はすっかり仮面の剥がされた自分に気づいてうろたえる。
そうやって注意がそがれてしまった彼女に
子どもたちは目ざとく気づき、また彼らの世界に引き込もうと
向こうは向こうで必死になる。
彼女は忙しい。

その中でも今でも彼女が時々思い出す女の子がいる。
以前よくおばあちゃんに連れられてやってきていた。

Tちゃんはエコラリアする子だった。
いつもふんわりと笑っていて、相手の言った言葉を即時反復することが多かった。

彼女はTちゃんと話しているとまるで自分自身と話しているような
奇妙な感覚に襲われた。
Tちゃんはきいた言葉を繰り返す。
「すごいねぇ」「すき?」「ふしぎだねぇ」「いいねぇ」
彼女は自分でその言葉を発し、その自分の声を自分の耳で聞き、
またTちゃんの発した同じ言葉を聞いた。
何度も同じ言葉がふたりの間で繰り返される。
いつの間にかふたりだけの世界になっていくようだった。

子どもは不思議な存在だ。
自分自身もそうであったはずだ、とふっと思い出す。
どの子をみても自分の要素が少しずつ入っている。
どの子も自分に思えてくる。
彼女は子どもが結構好きだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の先延ばし癖

彼女の先延ばし癖は彼女自身も困ったものだと思っている。彼女の場合それは典型的な完璧主義からくる要因も大きい。完璧にできそうになければ、また今度、となったのが、どんどん積もり積もって本人が一番ウンザリし …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

忘れていく彼女

忘れていく彼女

彼女はあまり記憶力がよくない。 まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。 彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。 なのでつい最近のこ …

noimage

不幸自慢

彼女は前向きな人間だ。 僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。 不幸だろうか。 ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。 彼女が精神をやられて不幸自慢していると。 実際最近の世の中は不幸自慢が …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ