彼女の話

彼女のInstagram

投稿日:

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。
このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、
Instagramは彼女が自主的に始めている。
正直僕はアカウントを作るだけ最初だけで、気まぐれな彼女のことだからあとはそのまま放置になってしまうだろうと思っていたが、
(そう思ってあえてこのブログでは話をしなかった。)
彼女はその後もボチボチ投稿しているようなのである。

これまで彼女は自分の絵を誰かに見せることはほとんどなかった。
その絵が完結しているのか自分でもよくわからないまま放っておかれてしまっている絵も多い。

投稿されている絵が彼女の中でどんな表象のもとに公開されているのか分からない。
それは『完成』なのか何かの『途中』なのかただ単に誰かに見せたくて放出されたものなのか。

ただ確実に言えるのはこれは彼女が未だかつて絶対にしなかったことであることは間違いない。


彼女のInstagram

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

PREV
繊細
NEXT
惜しい音
noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ