彼女の話

抗えないもの

投稿日:

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。
頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。
少し不安気だった。


朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリと動くという。
頭痛が昼夜問わずちょこちょこやってくる。
お腹も緩みっぱなしで落ち着かない。
一日に何度もあれやこれやの薬を飲む。
汗ばんでいるのに寒くてたまらない。
さっき眠ったのにまた眠たくなる。
やることは山ほどあるのに倦怠感に耐え切れずすぐに横になってしまう。
とうとう最近は食事も作らずあるものをかじるだけになった。

月の内、半分以上がこんな状態であるという。


彼女はここ数ヶ月ずっとそんなで何もできやしないと怒っている。
以前はこんなにひどくなかった。
体がおかしいのだと気づいたのはここ最近だから、
それまでの数ヶ月間は自分の怠惰に自分であきれて傷ついていた。


生まれながらにもった気質のほかに人間がどうにも抗えないのはホルモンだ。
自分をよく知ることでうまく付き合えるようにもなる気質と同じで、
ホルモンも自律神経を乱すような生活習慣でなければそこそこうまくやっていける。
だが特に女性はホルモンには振り回されがちになるようだ。
彼女は相変わらずあまり食べないが、目に余るような不摂生を常にしているわけではない。
これといって自分は何も変わっていないのに体が勝手に変わってしまうのだ。
「誰かに乗っ取られたような気分だ」

今度は肌がすごく荒れだしたという。
シワも増えたしシミも目立つ。
たくさん寝てるのにどうして??と今にも泣きだしそうな顔をしている。


これから寒くなる。
彼女が恐れる季節はもう目の前だ。
彼女がどうしてあんなにも異常に寒さを怖がって嫌がるのか分からないが、
僕は今の彼女の状態で冬を迎えるのはかなり危険ではないかと思っている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

橋の上の彼女

橋の上の彼女

彼女はもう寒さをあまり怖がらなくなっていた。冷たい北風を愛おしく頬で受け止められるほどに。 今でも冬の朝は起きられない。コタツと共に生きたいと心から願っている。それでも一日中とりつかれたようにベッドや …

noimage

満たされないのは

「どこにいても 何をしていても だれと話しても 満たされないのは 自分のことばかり かんがえているから」

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ