彼女の話

彼女のじんましん2

投稿日:

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。
時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。
ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。


彼女はキノコが大好きで、ほぼ毎日欠かさず食べる。
キノコが食べられなくなったらすごく悲しいなと思った。
それから牛乳やヨーグルトやチーズも毎日口にする。
ないならないでも構わないが、手軽にとれる栄養源、不便な気もした。
豆腐や厚揚げや納豆、枝豆などの大豆類。
好きだし、肉をあまり食べない彼女にとっては大事なたんぱく源だ。

そしてアルコール。

彼女は少し嫌な予感がしていた。
全然飲まない日もあるが、ほぼ毎日飲んでいる。
彼女は体が過剰な免疫力を行使しているのだとしたら、
それはアルコールに対してかも知れない、と白ワインを眺めながら考えた。


また別の夜、ワインを飲みながら食事を作っていると
再びあのパリパリ感が顔を覆ってきた。
彼女は一瞬ハッとしたが、もう数回目ともなると落ち着いて鏡を覗けた。

じわじわと自分の顔に顕在してくるそのまだらな赤を眺めているうちに
彼女はなんだかバカらしくなってきた。
顔が赤くなるから一体何だっていうんだ!
今はこれが飲みたいんだ!だっておいしいからね!!
これでたとえ死んだからって最後においしいものを口にして死ぬんだからそれはそれでいいじゃないか。

彼女は半ば強引に飲み続けた。
痒みはどんどんひどくなっていったが、
心の中で「うるさいうるさいうるさーーい!」と悪態をつきながら我慢した。
絶対に掻いてやらない、と思った。


食事が出来上がってテーブルについたころ顔の腫れは少しひいていた。
この日の夕食はもやしとシメジのビーフンで所要時間はそこ20分もかかっていないだろう。
彼女は「勝った」と思った。
意味は分からないが、とにかく満足してその日の食事を摂ったのである。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

彼女と大きな存在

彼女と大きな存在

彼女は大きいものをこわがる。 おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。 小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、 振り返った目先に突然現 …

彼女のカメラ

彼女のカメラ

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。 学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。 その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィル …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ