彼女の話

彼女のじんましん

投稿日:

ある夜、彼女は食事を作っていた。
冬の間は土鍋を好んで使う。
土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。

土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、
卵を落として蓋をしたところで彼女は顔がかゆいことに気が付いた。

彼女はなんとなく
「こういうとき掻いてはいけないんだよなぁ・・・」と思いながら
ガスの青い火を眺めていた。

だんだん鼻を中心に頬や顎がパリパリになっていくのを感じた。
まるでセメントが顔面で乾きあがって本物の仮面の型をとられているような気がしてきた。
かゆみが我慢ならない。


こんなに乾燥するなんて何か塗らなくちゃ。
そう思った彼女は鏡を置いて自分の顔を覗き込んだ。
仰天した。
彼女の顔は鼻から頬から真っ赤っ赤に腫れあがっていた。


彼女はとっさにアレルギーの可能性を考えた。
しかし彼女はこれまでに花粉症はおろかアレルギーなんてものに反応したことはないのだ。
何が原因が全然分からない。

煮込みうどんを作っている間、生姜も舐めたし、味噌も触ったし、白ワインも飲んでいた。
その前には植物に水をやるときに少し土にも触れたかもしれないし、
もっと言うなら城の中のこの空気だって疑える。


彼女は突如としてふってわいたこの赤い顔にどう対処していいか分からなかった。
生死に関わるようなアナフィラキシーって感じでないのが救いだが、
この顔は一体いつまで続くのか、そして何より大好きなこの城の中の何がいけないのかドキドキした。


その夜は結局味噌煮込みうどんにはそっと蓋をし、
空腹と赤い顔を抱えて布団にもぐりこんだ。
かゆい顔を不安でひどく冷えた手で覆ったままいつのまにか眠った。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

怒った顔

彼女にはおかしなクセがあって 男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。 相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても 彼女はふうっと 「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とそ …

noimage

メロディの輪郭

涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。 イヤフォンを使うことが少なくなった。 空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。 うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げる …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ