彼女の話

彼女のじんましん

投稿日:

ある夜、彼女は食事を作っていた。
冬の間は土鍋を好んで使う。
土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。

土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、
卵を落として蓋をしたところで彼女は顔がかゆいことに気が付いた。

彼女はなんとなく
「こういうとき掻いてはいけないんだよなぁ・・・」と思いながら
ガスの青い火を眺めていた。

だんだん鼻を中心に頬や顎がパリパリになっていくのを感じた。
まるでセメントが顔面で乾きあがって本物の仮面の型をとられているような気がしてきた。
かゆみが我慢ならない。


こんなに乾燥するなんて何か塗らなくちゃ。
そう思った彼女は鏡を置いて自分の顔を覗き込んだ。
仰天した。
彼女の顔は鼻から頬から真っ赤っ赤に腫れあがっていた。


彼女はとっさにアレルギーの可能性を考えた。
しかし彼女はこれまでに花粉症はおろかアレルギーなんてものに反応したことはないのだ。
何が原因が全然分からない。

煮込みうどんを作っている間、生姜も舐めたし、味噌も触ったし、白ワインも飲んでいた。
その前には植物に水をやるときに少し土にも触れたかもしれないし、
もっと言うなら城の中のこの空気だって疑える。


彼女は突如としてふってわいたこの赤い顔にどう対処していいか分からなかった。
生死に関わるようなアナフィラキシーって感じでないのが救いだが、
この顔は一体いつまで続くのか、そして何より大好きなこの城の中の何がいけないのかドキドキした。


その夜は結局味噌煮込みうどんにはそっと蓋をし、
空腹と赤い顔を抱えて布団にもぐりこんだ。
かゆい顔を不安でひどく冷えた手で覆ったままいつのまにか眠った。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

1000の中の彼女

彼女は最近大変忙しい女性と会う機会があった。 この女性は母であり妻でありPTA役員であり地域の行事係でもあるような とてもとても忙しい人なのである。 彼女はこの人に決して複雑とは言えない かなり明快な …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ