彼女の話

アンビバレンス2 ー花がら

投稿日:

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、
自分の内界からの刺激にもそれは同じである。


自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、
彼女が完全にその世界から離脱したかというとそうでもないようだ。

彼女は今も一日15時間から20時間ほど眠る過眠状態が続いている。
トイレに起きるか、わずかな食事や水分補給を済ますと、
またふてくされたようにコテンとベッドの隅に転がりそのまま深く眠る。

そのわずかな時間にも時々彼女はぼんやりしかけることがある。
ただし以前と違うのはすぐに”こちら”へ戻ってくることだ。
どうももう妄想の世界に行くことを彼女自身が良しとしていないような、そんな抵抗感がある。



人は寂しいと動けなくなる。
だから彼女はあの世界を必要とした。

毎朝目を覚ますために。
ドアを開けて外の世界を歩くために。
スケッチブックの上で鉛筆を躍らすために。
目の前の孤独をカメラのフレームに収めるために。
夜目を閉じて真っ暗な世界で眠るために。


人は安心できると前に進むことができる。
小さな子供が養育者をサテライトポイントにして新奇なものと安全なところとを何度となく行き来するように。
彼女は自分で作り上げた世界に安心を求める度に立ち返り、そして外の世界へ出て行くことができた。


彼女はおそらく妄想世界を失おうとしているのだ。
自分自身も知らない、その世界の奥にある何かを彼女は敏感に感じ取っている。
受け入れられず、でもいつかは受け入れなければならないことを感じている。
そこからの深く長い眠り。


彼女は顕在意識と無意識のちょうどハザマに立っている。

そこは相当量の水分を含んだかと思われる濃い霧で溢れていて、
いつ雨となって落ちてくるのをギリギリのところで堪えている、といったふうの重さが感じられる。
僕は彼女が頭が重いと両手で抱えていた姿を思い出す。
僕はこれらのすべてが不用意に降り落ち始めてしまうのではないかと危惧している。
それはとても危険なことではないだろうかと。


どんな花でも枯れる。
彼女はいつだって美しいものだけ見ていたかった。
でもどんな植物であってもその花がらを切り落とさずに更なる再生は見込めない。
大切なのはそのタイミングなのだ。


花がら

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

メロディの輪郭

涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。 イヤフォンを使うことが少なくなった。 空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。 うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げる …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

良き不幸

良き不幸

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。 彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、 様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。 この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。 彼女を …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ