彼女の話

彼女のおでかけ

投稿日:

彼女は実は結構服が好きだ。
あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、
クローゼットにある服はどれも気に入っている。


ただし彼女の深く深く考える癖はこういう時にも異常に露出してしまう。
まず彼女はもちろん着たい服を選ぶのだが、
それと同等に重要視されるのが体感温度だ。

出かけるときは天気と気温は必ずチェックするのだが、
いくら体感気温がネットに載っていようとも実際に出掛けてみなければ
彼女自身の体感気温は分からない。
これは外出先で彼女が体調を崩さないために一番気をつけていることだ。
寒ければすぐにお腹が痛くなってしまうし、暑かったら暑かったで汗で体は冷えてしまう。

だから彼女はすごく迷う。
何を着るか、それじゃあ寒すぎるのか暑すぎるのか
着ぶくれてしまわないかカイロを貼った方がいいか
たくさん歩くからあの靴でなければだめだ、
荷物が増えるだろうからリュックでいたいが、それじゃあこの服にも靴にも合わない。
でも今日はこれがどうしても着たいのだ!


恐ろしいことにこんな押し問答を彼女は一人で2時間ほど続けることもある。
あれもこれも身に着けてみてひとりファッションショーを敢行するのだ。
ときどき彼女は自分でもいつまでたっても決められないことにイライラする。

結果服や小物で溢れかえった部屋は大分悲惨なことになるが、
それでも納得して出かけなければ自信をもって街中を歩けない気がするし、
たまにはそういう自分でいたいのだ。


彼女の服の好みは少し変わっている。
意外と派手で変わった柄が好きだから
無難なコーディネートでも個性的な格好をしている。
彼女はかなり大きな街へ出て行くときほどこういうスタイルで出かける。
その後ろ姿は彼女が”ありのままの彼女”という鎧を着て出かけているようにも見えるのだ。


彼女のおでかけ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

3月11日-ある春の日

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。 紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから 無色透明のばっとした熱さの水の中に 無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。 それは、そ …

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ