彼女の話

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

投稿日:2016年11月26日 更新日:

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。

ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。

ゴッホは弟テオへ送った数多くの手紙の中で

『檸檬の皮のような黄色』だとか『バターを溶かしたような黄色』だとか表現しており、

それを何で読んだのだったか憶えていないが、とにかくそれが彼女がゴッホをみるきっかけになった。

「それがたとえ色弱だかのせいだったにせよ、ただ思わず微笑んでしまった」そうだ。

 

なぜ日本人がこうもゴッホに惹かれるのかわからないが、わりと彼の作品は公開される機会が多く、

とにかくそのおかげで彼女も数回彼の絵に会うことができている。

(残念ながら『夜のカフェテラス』にはまだだが。)

 

彼女はゴッホは仮面を持っていなかったのだろうか、とときどき考える。

あまりにも情熱的で極端すぎる彼の言動を知って、彼が素のままで心も体も動き回っているからだ。

現にゴッホは『このままの自分を受け入れてもらえることだけを望む』などと言っていて、

彼女は「乱暴なことを言うんだよ」と羨望を込めて笑った。

 

「人は仮面をつけずに生きるとこうなるのかもしれない。自由かな、彼は死ぬことでしか楽になれなかったけど。

仮面かぶっててもかぶらなくても同じならかぶらない方がいいかな」

 

『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ゴッホ)』

彼は若い時からちょっと、いやかなり”クレイジー”だったが

それでもほかの誰かをみてその誰かのためにいつも不器用に動いていたのだ。

 

「私はいつも自分のことを見てる。満たされないは物足りないのは自分のことばっかり考えてるから」

 

ゴッホは37歳で死んだ。

『夜のカフェテラス』の1000ピースのジグソーパズルを完成させてしばらく飾っていたが、

彼女は昔お金に困ったときにそれを売っている。

 

ゴッホ
 

注)本文中のゴッホの言葉や彼にまつわるエピソードは彼女がこれまで訪れたゴッホ展や印象派展また読んだ本などの記憶から引用したものであり事実と異なる場合があります。またそのために出典が分からなくなってしまっており、これにより何か不都合がある場合などはお手数ですがご連絡ください

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

とどめようがないこと

暗い気持ちでいることは悪いことじゃない。 みんなポジティブに前向きにって疲れるんだよ。 ネガティブだからダメなんだって、だれが決めたんだろう。 自己啓発本か脳科学か誰かの経験則か。 恨みも怒りも妬みも …

noimage

意識する彼女

彼女は気性が激しい。 それは彼女がなかなか人と親しくならない理由の一つでもある。泥の下でプスプスとグラついている熱情が火柱を上げて瞬発的に顕現するのを恐れている。そうやって自分が傷つけてきた人たちを彼 …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ