彼女の話

彼女の世界の胚胎

投稿日:

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。
「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば
今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜のふんわりした香りとか
風に揺れる洗濯物を眺めたりだとか、
少しだけ有名な画家の描いたカレンダーの絵を見つめたりだとか
そんな何気ない生活の一片がとても愛おしい。

今でもみんなと同じ世界にいたいと思う。
その中に自分も染まりたいと思う。
そこはどれだけ温かく、不安のない世界だろう。


そこに無理に入っていくことも、そこで生きていくこともできない。
少なくとも今は。
でも今のこの世界を認めて愛して描いて書いてそれを続けていれば、
みんなの世界とのトンネルがいつか貫通する気がするのだ。
自分の意思で行ったり来たりできるような、みんなの意思で来たり出たりできるような。
自分が自分自身の世界を否定するような、そんなかわいそうなことはもうしないのだ。

それでいい。
それでいい。
ここが始まり。
今は”ぶっ飛んでる人”でも。
それでいいよ。
そこはとても明るいから。



彼女の世界の胚胎

-彼女の話

執筆者:

関連記事

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

アンビバレンス3

僕は彼女に何か言うということはほとんどないのだが、 この日はなんとなく口にしてしまった。 君が時々行っちゃうあっちの世界だけど、別に完全にさよならすることはないんじゃないの。 彼女は相変わらずの寝ぼけ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ