彼女の話

彼女の世界の胚胎

投稿日:

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。
「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば
今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜のふんわりした香りとか
風に揺れる洗濯物を眺めたりだとか、
少しだけ有名な画家の描いたカレンダーの絵を見つめたりだとか
そんな何気ない生活の一片がとても愛おしい。

今でもみんなと同じ世界にいたいと思う。
その中に自分も染まりたいと思う。
そこはどれだけ温かく、不安のない世界だろう。


そこに無理に入っていくことも、そこで生きていくこともできない。
少なくとも今は。
でも今のこの世界を認めて愛して描いて書いてそれを続けていれば、
みんなの世界とのトンネルがいつか貫通する気がするのだ。
自分の意思で行ったり来たりできるような、みんなの意思で来たり出たりできるような。
自分が自分自身の世界を否定するような、そんなかわいそうなことはもうしないのだ。

それでいい。
それでいい。
ここが始まり。
今は”ぶっ飛んでる人”でも。
それでいいよ。
そこはとても明るいから。



彼女の世界の胚胎

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

”HSPは恋に落ちやすい” この”恋”は本当に恋だろうか。 彼女が恋をしているかもしれない。 しかもガチでリアルかもしれない。 もしそうなら、かなりしばらくぶりだ。 彼女の恋愛 …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ