彼女の話

秋晴れ

投稿日:

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。
今年の秋は本当によく晴れる。

彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、
見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。
彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出していた。


声をかけても良かったが、僕は離れたところで彼女を見ていた。
思えば僕の気配のない彼女を観察するのは久しぶりのことだった。

彼女は何をするでもなく、膝を抱えて空を見ていた。
ときどき川辺に目をやって番のカモに目をやったり、
川と風が作り出す波の模様を観察したりしているようだった。
芝生の上には彼女が冬になると使いだすホーローのマグカップが置いてあり、
時折それに口をつけた。

僕は彼女の名前を呼んで声をかけた。
彼女は瞬間ひどくビクついたが、僕だと分かってホッとした様子を見せた。
そして訳もなくニヤついていた。

死人みたいな顔色をさせてひどく機嫌がいいようだった。

「雲がないねぇ」

そういって彼女はニヤニヤしていた。

この日はすごい秋晴れの日だった。
本当にどこまでも雲がなかった。

そして彼女は自由の恐ろしさについて話し出した。
この空を見ていると、怖くなるのだと。

雲も障害物もないこの空の、そのつかみどころのなさ。
法やマナーや気遣いや義務や自意識なんかの枠の中で
苦しいと思っているはずなのに、
いざ何もないこの空やその向こうの宇宙に一人放り出されたら
その途方もない自由はきっと自分を脅かすのだろう。
何を考えても何をしても何を話してもいい。
この空をみて一瞬その自由を謳歌したような気がしたけれど、
次の一秒には何かにしがみついていたい自分に気付く。

自由とはなんだっただろうか。


彼女は恐ろしいと口にしながら相変わらずニヤついていた。
そしてカップに口をつけた。
カップの中見はすっかり冷え切ってしまっていたらしく
木の根元にふわりとぶちまけた。


その後はなんの会話もなかったが、
彼女は意識的に空気を腹いっぱいに吸い込もうと深呼吸を繰り返していた。
大きく吸っては体の中に鬱屈したすべてを吐き出そうと長く長く何度も何度も息を出した。


彼女をおいて僕は一人城へ入った。

中はあまり片付いていない上にジグソーパズルのピースが広げてあった。
彼女は昔よくジグソーをやっていたが、長いことその形を見ることはなかった。
彼女は一つ”好きなこと”を思い出したのかもしれなかった。



秋晴れ


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ