彼女の話

彼女の城

投稿日:2016年11月18日 更新日:

彼女は家をとてもとても愛する。

仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。

ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。

 

彼女は最近DIYにハマっている。

今日も音楽を(内向的とは思えない音量で)聴きながらバンバン釘を打つ。

木材の切り口はよがみ、釘も曲がっている。

まだあまりうまいとは言えない。

でもそれもこれもこの城をさらにしあわせな場所にするためなのだ。

目的を持った彼女の集中力はハンパない。

注意していないと食事はおろか、水分もとらない。

空腹になる前に何か食べさせないと、その後はあまりよくないことになる。

 

なんとか今日の品は出来上がったようだ。

その棚は見るからにいびつで、本人も見るからに片付けが面倒な様子だが、

とりあえずノンアルコールビールの用意でもしておこう。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ