彼女の話

(確固)

投稿日:

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。
最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。
彼女には確固がないのである。


『民衆の敵』には様々な人間が登場した。
政治家、主婦、主夫、ジャーナリスト、様々な立場の市民、子供たち。
それぞれがそれぞれの確固たる何かをもって衝突する。
信念、信頼、愛、欲望、希望、庇保、金、順守、目標、、、

彼女はなんだか分からない温度差をもってみていたが、
急に自分にはそれが一つもない、と気付いた。
迷ったり傷ついたりしたとき自分がいつまでも這い上がれないのは
「でもそれでも自分は絶対にこうだみたいな」ものがないからじゃないか、と。
だからゆらゆらしているんじゃないか、と。


今まで彼女は自分にも人並みにそういうものがあるはずだと思って生きてきた。
でも過去を振り返ればただ事実だけが無数に転がっている。
結果としての行動や決断があるだけだ。
そこに自分の何かが残っているかと目を皿にしても、
言ってみれば”確固みたいなもの”たちが横たわっているだけだ。


これが一番大切なのだと思えるその確固たる力が
彼女は今無性にほしい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ