彼女の話

探しもの

投稿日:2016年12月19日 更新日:

彼女の同僚の財布が消えた。
帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。
見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。


まずはみんながパニクっているのを眺めた。
ある人は探し回り、ある人は交番に電話がつながらないと繰り返し、
なくした本人はクレジットカードのカスタマーサービスにつながらないとあたふたしている。

職場は広い。
やみくもに探すより彼女は同僚たちから状況をよくきいた。
彼女は論理的に物事を捉え分析するのが得意だ。

彼のその日の行動といつもの行動パターンや口癖、習慣も思い出して、
彼の話のいくつかがおかしい、と感じた。
テンパっている今の彼の言葉はあまり信用できない。
ふと職場を去る直前に彼女は彼が慌てて退社準備をしているのを偶然みたのを思い出した。
それらを総合的に判定して彼女はある場所がピンと浮かんだ。
ぜったいにここにある、と直感した。

そして彼女が職場に戻って10分ほどで財布は見つかる。


少し大げさなほどに感謝された彼女は内心少し得意になった。
日々の中で細かいことがいちいち目についてしまう自分も、
分析癖のある自分も、考えることがやめられない自分も
それはそれで本当はとても疲れるのだけど、
たまにはこうやって役に立つものだ、と。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

noimage

沿線生活2

沿線生活はいつまでたってもうるさいことに変わりはなかったが、 しばらく住んでいるうちに彼女はいろいろな線路沿いの風景をみた。 撮り鉄と呼ばれる人々を見たのもここでだった。 そばの踏切や彼女のアパートの …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ