彼女の話

暖房便座と彼女の熱量

投稿日:

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。

「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。
「今日はすごく寒いね」

真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。
風通しの悪い彼女の城はいつも空気がこもっていて、体感温度は外よりも2度以上高いはずだ。
それなのに確かに室内はなぜかひんやりしていた。

いや、それにしたって寒いわけではないはずだ。

少し窓を開けて風を入れたら?
外の空気の方が暖かいかもしれないし。
それから少し運動した方がいい。


「・・・・。
お手洗いに行きたいんだよね・・・」



行ったら?
ガマンすると良くないし。


「でも、冷たいんだよ、おしりがさ」


・・・。
ウォームレットをオンにしたらいいんじゃない。


「・・・・・・。
座っていない時のあの熱量がどこにいくのかと思うとつけられない・・・」


あの熱量・・・
おそらくは空気中に放出されっぱなしになっていて、
彼女の小さなトイレ空間をわずかながらも温めるのだろう。


彼女はトイレの暖房便座の熱量と自分の熱量とを混同していた。
健康な体を持ちながら動けず時間とお金を浪費する、
ただ床に転がっているだけの自分の体の表面からカゲロウみたいにユラユラ生ぬるい熱が立ち上って空気中に消えていく。
しかも暖房便座は小さな空間を温めるけれど、
自分のこのユラユラヌルヌルした熱はおよそ熱とも呼べない熱量しかなく
いくら転がってそれを発散させても依然として彼女の城は真冬の立体駐車場のコンクリートと同じであるのだ。


ということは今の自分は暖房便座以下の存在であるということか・・・
彼女はよっとこさ、と寝がえりを打って仰向けになり天井を見上げながら考えた。
それはそれでいいような気もするなぁ。
暖房便座は暖房便座でえらいわけだからなぁ。
所望すればいつだって誰かのおしりを温めているのだから。
自分も誰かの何かを温めてみたいもんだ・・・


彼女は冷え切った自分の手を天井にかざして少し眺めたあと、
よっこらしょう、と起きあがり正座して何事か考えていた。
そしてもう一度

「お手洗いに行きたいんだよね・・・」と神妙な顔で呟いた。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ