彼女の話

終わりどころ

投稿日:2017年1月9日 更新日:

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。
これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。
ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつけないでおこうか・・・


時たま絶対にそこには打ってはいけない、またはいけなかった点、というのがあるが、
(それ一点を描くことで、意図せずして急にそこに存在感や生命感が現れてしまうことがある。)
そういった点を除けば、なるほど、たしかに終わりどころが分からなくもなってしまうかもしれない。
無数のドットの中にあと一点入れたってかまわない自由度が点描画には確かにありそうだ。


そういうわけで彼女のスケッチブックには完成形だか描きかけだか分からないものがたくさんある。
彼女は最近自分自身でInstagramをはじめたが、
ひとつ投稿しただだけで次が続かないのは面倒というほかにそんな理由もある。
(あまり深く考えずにやったらいいのに、とは思うが考えることでできているのが彼女である。)


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

サンタマリア号

(※映画『トゥルーマンショー(The Truman Show/1998)』よりネタバレ注意) 自分が一体どこから来て、何者になっていき、どこへ行くのか。 到底答えが出そうもないこのテーマについていつの …

noimage

眠れていない日々

彼女は斜めに映った自分の顔を鏡で見ながら「齢をとったんだなぁ」と考えていた。齢をとった、というよりも齢を経た、という自分の顔が最近はそんなに嫌ではなくなった。なんという人だったか、早く齢をとりたいと言 …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ