彼女の話

非日常

投稿日:


彼女は橋の下に立っていた。
浩然と流れる川を見下ろしながら、
コンクリートの巨大な人工物に包まれ抱え込まれているような安心感。
橋の下はいつでも日常の中の非日常だ。

そこにはお決まりのストリートアートが散らばっている。
ストリートアートと呼ぶのかすら分からないが、
適当にスプレー缶を振って塗りたくっただけのものにも見える。
彼女はそれが嫌いじゃない。

それらを背に大きな橋柱を見つめていると、
だんだんと引き込まれるように視界が狭まってきて
そのコンクリートのグレーしか見えなくなってくる。
一瞬自分を見失うかのような錯覚に襲われる。

そんな時、風がふく。
目の前をジョギングするおじさんが走り去っていく。
カモのカップルがのんきに横切っていく。
ゴミや浮島が流れていく。
はっと現実に引き戻される。

彼女は橋の下には何か異世界だかの入り口でもあるのではないかと
半ば本気で考えている。
橋の下にはいつでも風が吹いている。
タイミングさえ合えば向こうを少し覗き込むことができるような、
かすかな風がいつでもスタンバイしている。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

彼女が大切に大切にこれ以上崩れてしまわないよう手の中に柔らかく包んだ美しいもの

誰か、助けてほしい。 彼女は分かっている。 自分は誰かに甘えようとしている。 彼女は分かっている。 本当は誰も助けてなどくれない。 だから余計に願ってしまう。 誰か、助けてほしい。   (追 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ