彼女の話

夢の話3

投稿日:

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような
平たい街にすんでいるようだった。
高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。

あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような
薄いグレイの道を彼女は誰かと歩いていた。
二次元の電柱を通り過ぎたあたりで、彼女は自分たちがこの街でだれかが首つり自殺を図ったらしいことを話していた。
自分たちが歩いている近くであることは知っていたので、
彼女はあまり周りに視線をやらないよう歩いた。
うっかりでも見たいものではないと思ったからだ。


それなのに彼女は見てしまった。
その体はアパート2階の天井からぶら下がっていた。
周りから隠されることもなく、道沿いからきれいにその姿形が見えてしまったのである。

彼女は急いで目をそらした。
女性だったと認識した。
ベランダも開け放たれていて、彼女はなんであんなに見やすくしてあるのかといぶかった。


動揺しながら歩いた先には立派な日本家屋があった。
塀の上にも瓦が乗ってるような大豪邸の前に来たところで彼女は目を醒ました。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

眠れていない日々

彼女は斜めに映った自分の顔を鏡で見ながら「齢をとったんだなぁ」と考えていた。齢をとった、というよりも齢を経た、という自分の顔が最近はそんなに嫌ではなくなった。なんという人だったか、早く齢をとりたいと言 …

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

noimage

落ち着かない人生

彼女は昔からどうも落ち着かない人生を送っているようだ。 ”波乱万丈だね”と言われることの多い生活なのである。 そして人によっては、彼女自身がそうしている、そういう選択をしているところがある、と言うので …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ