彼女の話

彼女の絵

投稿日:2016年11月19日 更新日:

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。

白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。

花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。

 

白黒の世界が好きなのは今も変わらないが、

今はもっと、なんていうか、手が動くままに描くようになった。

以前のように点描画用のペンだけじゃなく、

ボールペンとかサインペンとか鉛筆とか黒いものならなんでも使う。

紙も画用紙がなければコピー用紙でもチラシの裏でも。

描きたいとき描けるものがあれば大丈夫になった。

 

点だけじゃなくて線も描くようになった。

あまり融通を利かすことができない彼女からすると少し自由度が増した。

 

職場で裏紙に描かれた彼女の絵を見て、彼女の同僚は

「精神異常の人が描いた絵みたいだ」

と冗談交じりに不気味がった。

「こわいから描くのをやめて」

 

それからはすぐにポケットに隠せるキッチンペーパーに描くようになった。

この世界では自分の自由度が増すと社会での自由度は失われる。の、かも。

白か黒か、みたいな。

 

キッチンペーパーに描いた絵を彼女はゴミと一緒に捨てている。

 
彼女の絵

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ