彼女の話

好きなことを憂違う

投稿日:2017年1月31日 更新日:

彼女は絵を描くのが好きだ。
本を読むのも好きだ。
音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。
でもそれらのひとつも出来ない時がある。

彼女は人より少し疲れやすい。
一日中あらゆる刺激が彼女を四六時中まとわりついてなかなか離れることがない。
玄関先でジャケットについたほこりや花粉を払い落とすようにすべてを振り切ることができない。
日によっては特に誰かの情動が彼女の頭と心を支配して、それにムリヤリ乗っかるように自分の考えや感情を確かめようと思いをはせる。
どんな刺激を聴いても触れても目にしても、一番彼女を疲れさせるのはもう自動的に行ってしまうこの作業だ。
そしてこれはとても労力がいる。


そのつい果てにぐったりした彼女はもうその日絵を描けない。
描きたいのに描けない。
そんなフラストレーションの中で彼女は瞼を閉じるしかない。


本当に好きなことをやっている人は寝る間も食べる間も惜しんでひたすらそれに没頭するという。
彼女はそれができない.
自分は好きだ、と思っているだけで本当はそうでもないのかもしれない、と寂しくて涙が出る。
「これが、自分が好きだ、と言えるものなのだ」
それを自分自身が否定しているような気がしてくる。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はあんまり神様は信じていない。 いや、正確に言えば都合のいい時だけ頼っている存在があるにはある。 そんなときに「ああ、神様お願いです」と思ったりするけれど、 それがいわゆる神社や教会によくいる神様 …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

そこにこころが

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。 そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。 彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、 そういう時期になればハガキをだす。 でもお別れの手紙とか …

noimage

彼女とモネ

彼女はモネに対して少し複雑な感情を抱いている。   美術館で著名な画家の絵や有名な作品を見ると彼女はいつも同じことを思う。 全部ニセモノかもな・・・   フランスから初来日した絵だ …

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ