彼女の話

好きなことを憂違う

投稿日:2017年1月31日 更新日:

彼女は絵を描くのが好きだ。
本を読むのも好きだ。
音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。
でもそれらのひとつも出来ない時がある。

彼女は人より少し疲れやすい。
一日中あらゆる刺激が彼女を四六時中まとわりついてなかなか離れることがない。
玄関先でジャケットについたほこりや花粉を払い落とすようにすべてを振り切ることができない。
日によっては特に誰かの情動が彼女の頭と心を支配して、それにムリヤリ乗っかるように自分の考えや感情を確かめようと思いをはせる。
どんな刺激を聴いても触れても目にしても、一番彼女を疲れさせるのはもう自動的に行ってしまうこの作業だ。
そしてこれはとても労力がいる。


そのつい果てにぐったりした彼女はもうその日絵を描けない。
描きたいのに描けない。
そんなフラストレーションの中で彼女は瞼を閉じるしかない。


本当に好きなことをやっている人は寝る間も食べる間も惜しんでひたすらそれに没頭するという。
彼女はそれができない.
自分は好きだ、と思っているだけで本当はそうでもないのかもしれない、と寂しくて涙が出る。
「これが、自分が好きだ、と言えるものなのだ」
それを自分自身が否定しているような気がしてくる。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

noimage

紙と食器と重力と

自分は疲れてばかりだな、とある時彼女は思った。 真夜中にふと目を覚ました時、うっすらと瞳を開けてゆらゆらと瞳を浮遊させながら思った。 「やることは山ほどあるのに、ただの一つも済んでいかない」 部屋の中 …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ