彼女の話

距離

投稿日:2017年2月19日 更新日:

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」
「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」
「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」


距離がとりにくい人というのはいる。
こんな人にあったとき、彼女は困ったような顔の仮面の裏で震えるほどの怒りを感じる。

「うっとうしんだ、消えてくれ」


彼女としばらく付き合っていれば自然と感じる、彼女がひいた境界線。
「ここから先は入ってくるな」
必要に応じて言葉に出して言うときもある。
大抵はその必要がないように、最初から人間関係は可能な限り削ぎ落す。


相手がいくら彼女のことを思っていたって、好きでいてくれたって、
ハッキリ言ってそんなことは関係ないのである。
彼女にとっては押し付けでしかない。
こちらの返答も待たず、こちらの考えを聞いてもいないくせに一方的に「正しそうなこと」を話す。
彼女にとってはそれがたとえ正しくたってあるべき姿だってそんなことは「どうでもいい」のだ。


彼女の問題はその距離感が自分と相手とでかなりの差異が生じてしまった場合、
恐ろしいほどの面倒くささでより一層、必要な人間関係をも閉じさせる原因となってしまう、ということなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

何を使うか、何を選ぶか、何を口にするかしないか

彼女は洗った食器を並べた棚に見とれていた。彼女は鉄製じゃない限り濡れた食器や調理器具を丁寧に拭いたりしない。セラミック食器もガラス瓶もステンレス鍋も薄明かりの中で水滴がキラキラ輝いていた。プラスチック …

ナンバーワン

ナンバーワン

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。 またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。 彼女はそんな誰かを失った。 友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。 ナンバーワンはオンリーワンだ。 …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ