彼女の話

嫌い

投稿日:2017年2月3日 更新日:

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。

誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。
生理的に受け付けない、というやつだ。

試しに今”生理的”を辞書でくってみたのだが、生理的とはこうだ。

3感覚的。本能的。肉体的。「-嫌悪」
引用:広辞苑第五版 岩波書店

これはもうどうしようもないじゃないか。
(ちなみに他にも二つほど他の意味が載っていたが、ここでピッタリくるのはこの意味だろう。)

彼女の職場に新しい人がやってきたのだが、彼女は最近この人に困っている。
どうも、だめなのだ。

これまで彼女が共通して”生理的に受け付けなかった人”には男女ともにある程度の共通点がある。
「よくしゃべる人」だ。
でも言ってみたらNもかなりよくしゃべるのである。
もっと言えば彼女も決して寡黙な方ではない。気が置けない相手ならよくしゃべる。

何が違うのか、話し方なのか話す内容なのかとにかく分からないが、
とりあえず、今回彼女が困っている人は「こちらが1話すと5も10も返してくる人」なのである。
彼女はその人が一方的に大量に一生懸命まき散らす迫力だか感情だかについていけない。
ものすごく疲れてしまって、その話し方も内容ももうすべてどうだってよくなってしまうのである。

その人がやってきて数か月がたとうとしている。
ハッキリ言って別にこの人は悪いひとではないのだそうだ。
むしろいい人のようにも見えるし、うまくやっている同僚もいる。
とにかく関わらないわけにはいかないので、彼女はなんとか仮面をたくさん用意して向き会おうとする。
大人って面倒だな、と思う。

そうして必死に接していたとき、その人は無邪気に”いやぁ、あなたには嫌われているのかと思っていました!”と言い放たれた。
ガーン!!と頭をカチ割られたような衝撃でもって
「嫌っていないとも言っていませんけど・・・」
と口から出そうになるのを必死でこらえて、自分の仮面のかぶり方はまだまだ甘いのだろうか、いや、この場合はむしろボロが出た方が楽なのだろうか、と混乱させられるこの種の人たちにまた一段と警戒心を抱かざるをえない彼女なのである。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

noimage

朝目覚めたときの彼女

彼女の状態は朝目が覚めたときに分かる。 意識が覚醒した時、最初に感じたのが今現在の彼女の健康状態に一番近い。 最近の彼女のスケジュールは毎日毎時間ギチギチに詰まっている。 今何事かを成しながら常に数時 …

橋の上の彼女

橋の上の彼女

彼女はもう寒さをあまり怖がらなくなっていた。冷たい北風を愛おしく頬で受け止められるほどに。 今でも冬の朝は起きられない。コタツと共に生きたいと心から願っている。それでも一日中とりつかれたようにベッドや …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ