彼女の話

デジャヴ

投稿日:

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで
彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。
デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。
さらには「どうしてあんなところにいたんだろう」とか
「なんの意味もないようなつまらないドキュメンタリーみたいな夢だったな」などと
その夢を見た後目覚めた際にぼんやりと思った具体的な気持ちもデジャヴと一緒に沸き起こるという。

逆に夢ではなく、以前確かにここにきたことがある、といったような既視感を覚えたことはまったくない。
「来たことがあるよう気がする」と思ったときには大体小さなころ確かに来た、という”記憶”となって想起され、
それはデジャヴとは異なる。


彼女は今住んでいる城に越してきてから既視感が増えた。
それは例えば玄関からキッチンを通り部屋に入るまでの、
そこ20秒ほどの間に数シーンが切れ切れにデジャヴとなって湧き上がる、といった風に。

  • 電気のスイッチに置いた自分の手とそばの壁に掛けた帆船のバナーの一端
  • 冷蔵庫のそばにおいた買い物袋
  • 昨夜からシンクに置いたままになっている、一つの空き缶と一つのカップ一つのスプーン
  • 床に落ちたエプロンとペダル式のごみ箱


  • ちなみに帆船のバナーは彼女が海外から持ち帰ったもので1年ほど前に思い出して壁にかけている。
    冷蔵庫は彼女が5か月ほど前にウォールステッカーで自分でデコレートしており、同じものは二つとない。


    それは断続的にパッパッパッパッと既視世界となり、
    そのたびに彼女は「お」「あ」「っ」「・・・」と反応する。
    そして最後の瞬間のあと、彼女は直前の20秒をもう一度見ようとおもむろにぼんやりと後ろを振り返る。
    「また・・・」


    デジャヴの研究や解明はほとんどなされていないようだが、
    彼女はそんな自分の度重なる経験から彼女にとってデジャヴとは予知夢的な位置におかれている。
    彼女はKiroroの『未来へ』を大変嫌っているのだが、
    それは『あれがあなたの未来』という歌詞が気に入らないからだ。
    耳にするたびに「私の未来を誰かに指し示されてたまるかい」という
    捻くれた気持ちが起こって嫌なのだそうだ。
    そんな彼女がことデジャヴに関しては悩ましく、
    「これは私のレールだか運命だかはあるのかもしれないなぁ」と
    半ばあきらめ気味なのである。

    「あの夢をみたときには、あんな所に自分がいるはずもないのにと鼻で笑ったところに実際今いたりするのだ」


    のちにデジャヴとなって思い出されるそれらの夢は
    それまで自分の頭の中にあったことさえ知らなかったものであるはずなのに
    突如鮮明なシーンとなって飛び出てくる。
    不思議で気味が悪く良いことも害もなくただ一瞬の感興を引っ張り出して
    またただ忘れていくのだ。
    その背後に意味とかメッセージがあったとしても、ほとんど気づかれないままで。



    デジャヴ

    -彼女の話

    執筆者:

    関連記事

    noimage

    ふきとぜんまい

    彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

    彼女の隣人

    彼女の隣人

    彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

    noimage

    暖房便座と彼女の熱量

    彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

    noimage

    彼女とHSSと著作権と僕4

    ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

    noimage

    沿線生活

    彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

    PREV
    カラフル
    NEXT
    痛み
    noimage

    2020/01/18

    彼女の先延ばし癖

    noimage

    2020/01/17

    子どもたち

    noimage

    2020/01/16

    非日常

    記事内の彼女の絵や写真。
    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    This error message is only visible to WordPress admins

    Error: No connected account.

    Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ