彼女の話

彼女のカトラリー

投稿日:

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。
ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。


いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。
子供のころから彼女はあの固い金属が自分の唇や舌や歯に当たるのが不快だった。
しかも冷たい食べ物はひどく冷たく、
熱い食べ物は唇を近づけるだけでそのステンレスにこもった熱が感じられて口が当てられなかった。
(ちなみに彼女は猫舌だ。)
彼女が小さな頃から食べるのが遅かったのにはいろいろと理由があるが、
食器もそのひとつだった。


その点、木製のものはいつだって優しく柔らかく温かい。
だから口当たりがよく安心して食べ物を口の中へ持っていける。
手に持った時も軽くてとてもしっくり手になじむ。
スープスプーンやレンゲはどうしても分厚いものが多いから、
あまり大きく口を開けられない彼女には少し大変だが、それでも金属製よりずっといいのだ。


彼女は食器もすべて木製に変えてしまおうかと考えたりもした。
今でも時々お店やネットで目につけば吟味してしまう。
ただ木製というのはケアに手がかかるのだ。

普通の食器のように水につけておくということはできない。
ヒビ割れやカビの原因になるし長持ちしない。
スープや油っぽいものがついた時は先にペーパー類できれいに拭きとらなければならない。
それから手洗いする。
ひどい汚れでない限りできるだけ食器用洗剤やスポンジも使わない方がいい。
もちろんすすいだ後は並べてきれいに乾燥させる。
それから定期的にオリーブオイルなんかの植物油を少量なじませて乾かす作業も必要だ。

これをすべての食器でやろうとすると広げて乾かせるような大きいキッチンもなければ時間もない。
せめて口をつけるカップだけでも変えようかとは思っているようだが今のところ購入には至っていない。



彼らは繊細だ。
いくら天然木であっても加工された後は土に根を下ろしていた頃のようにもう強くない。
彼女は木のカトラリーに油を塗り込みながら面倒だな、と思いながらどこか自分と重ねている。
無理なく上手に付き合っていかなければならないと。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

結婚

彼女は結婚していない。 する予定もないし、する相手もいないし、するつもりもない。 結婚とは不思議なものだよなぁと彼女は思う。 たった一枚の紙切れに辿り着くまでに、 喜怒哀楽どころか希望とか目標とか不安 …

noimage

吐き出される夢

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。 彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に 前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。 正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢 …

noimage

(no title4)

noimage

怒った顔

彼女にはおかしなクセがあって 男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。 相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても 彼女はふうっと 「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とそ …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ