彼女の話

彼女のカーテン

投稿日:2016年11月19日 更新日:

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。

 

彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。

髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。

でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。

年を経てかけられるようになったサングラスは

冬以外はできることならずっとはめていたいと思っている。

パソコンやスマホの明るさもかなり低く設定されている。

 

明度の高い対象を見たり、そういう場所にいるときの彼女の目はほとんど開いていない。

ときどきうっすらと開けてその瞼の間から行く先を覗いている。

 

長い時間その中にいると瞼が痛み頭痛がしてくる。

 

カーテンを全部開放するのは雨の日。

だから彼女は雨の日をきらいになれない。

雨が降っていても彼女の部屋は晴れた日より明るく広くオープンだ。

しくしく地面に落ちるその音も心地いい。

だから彼女はいつも休みの日はできるだけ晴れていないければいいと願っている。

 

彼女のカーテン

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

彼女の一番古い記憶

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。 「わかる」   -何歳頃だったと思うか。 「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」   -思い出した記憶には色がついているか。 「 …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ