彼女の話

消えた『群集の中の孤独』

投稿日:2017年4月28日 更新日:

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。
用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。


彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。
都会へ出かけて人々の波にもまれていると時折辛くなるが、
この詩を思い出すと少しずつ楽しめてくるのだという。

この詩の中で朔太郎はひとり喫茶店にいる。
または公園のベンチに座っている。
そして多くの人々の中にいながら周りとは何の関係も持たず、
ただ各々の会話に没頭している人々の様を見て楽しんでいる。

彼女も都会へ出て行くと時々カフェに入り、
彼の真似をしてカクテルパーティ実験の被験者のごとく、
最初は右側の女性陣の会話に耳を澄ませ、
今度は左側に座る若い一家のほほえましい会話をきいたりする。

盗み聞きと言われるとぐうの根も出ないが、
彼女はただ人々がどんなことを話題にどんなことを考えているのか、
それを楽しんでいる。


しかし今回状況は少し違った。
人ごみの中を歩き疲れた彼女はあるカフェに入ったのだが、
そこはとても静かだった。
誰の会話も聞こえてこない。
人はいるのに誰も話していないという少し奇妙な雰囲気に彼女は少し不安になった。

注文を終え落ち着いてから周りを見回すと、なるほど、
そこには彼女と同じように一人で入ってきた客ばかりだったのだ。
そして彼らは全員スマホを片手にカップやストローに口をつけている。
そこには彼女の知っている群集はなかった。
「孤独の中の孤独・・・」と心の中で呟いて彼女は少し笑った。


恐らく彼らの持つスマホを通して群集は存在するし、
(”孤独の中の群集”と称するべきか・・・?)
みんながひとりでいたってカフェにいる人たちでも群集は構成されている。
朔太郎の言うようにお互いに無関心でお互いに自由であることに変わりはない。

しかし彼女は意想外のアイロニックな空間になんだか落ち着かなくなった。
この時流が生み出した異空間を朔太郎が見たらなんと形容するだろうと思い、
都会を歩きながらも彼女を落ち着かせてくれる薬代わりのあの詩が
いつか効能を失ってしまうのやも?と少しだけ不安になったりした。


消えた『群集の中の孤独』

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

noimage

メロディの輪郭

涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。 イヤフォンを使うことが少なくなった。 空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。 うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げる …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ