彼女の話

彼女と少女のコスモロジー

投稿日:

『内なるものへの適切な態度』


彼女ははっとした。

いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。
絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、と考えていた。
天上界と下界を隔てる薄い雲があるように、
真っ暗な世界の中で、少女の周りはいつもモヤがかかったようにうっすらと白かった。
女の子はどうしてこちらに気付かないのだろう、と思うこともあったが、
天上人が自分たちを見下ろしていることに自分たちが気付いていないように、
少女は自分の存在に気付けないのだろうと思った。


『内なるものへの適切な態度』


しかし彼女はそれは大きな間違いだったことに突如として目覚めた。
頭を真上からガンと叩き割られたような気がして涙が出た。
叩かれたのは頭なのに胸がひどく痛んだ。

その内、彼女は少女のすぐそばに居る自分に気付いた。
驚いた。

少女はこちらを見ていない。
白い建物に背を向け、少し俯いている。
彼女からも少女の顔は見えない。
彼女は建物の左側からちょうど少女の顔の側面が見える角度で膝をついていた。
絶対に関わることなどない、と思った少女がそこに立っている。

そんなことを考えているといつの間にか少女は今彼女の手の届く距離に立っていた。
一体彼女が近づいていったのか、少女が接近してきたのか全然分からなかった。
ただ二人はいつの間にかその距離を縮めていたのである。
彼女は驚いたし、少女が少し怖い気もした。
目の前にいるのに相変わらず横を向いたままの少女は
髪が垂れ下がっていて、どんな顔か表情かも分からない。

少女は白いワンピースを着ている。


気付くと彼女は両手で少女を引き寄せていた。
びっくりするほどフカフカでフワフワしていた。
温かな空気か出来立ての厚い雲を抱いているみたいだった。



『内なるものへの適切な態度』


少女は抱きしめられても何もしなかった。
抱き返すでもなく、声を出すでもなく、
変わらずあらぬ方向に顔を向けて表情は見えなかった。


彼女はそれから何度か少女を抱きしめに行っている。
今も彼女はその子がどんな顔をしているのか知らない。


少女が今まで気づかなかったのは、彼女が近づこうとしなかったからか。
それとも彼女に対して興味がなかったからだろうか。
「いや、今だって前と変わらずあの子は私にきづいていないかもしれない」



あの時急激に二人を引き寄せたものはなんだったのだろう。
彼女が言うように少女の世界が変わっていないのだとしたら、
変わったのはもしかしたら彼女の世界の何かかもしれない。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

自分は間違ってない

”俺は悪くない””私は何も間違ってない””だってこれが正しいでしょう、正しかったでしょう?”身勝手で主観的で利己的に一見見えるこんな言葉は自身への誇りと自信にあふれている。間違えていたとしても、そして …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

3月10日

3月10日

3月9日と3月11日に挟まれた3月10日。 3月9日と3月11日には毎年思うことがあるけれど、3月10日にはない。 彼女はそれを少し不思議に思っている。 これまでも忘れているだけで3月10日にも何かあ …

noimage

彼女の中から消されるということ

彼女はあの日以来未だに少しふさぎ込んでいるのだが、 今日はだいぶ浮上してきたようだ。 というのも朝からある知り合いとずっとオンライン上で話をしていたようで それで気が紛れてきたようだ。 相手が慎重で明 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ