彼女の話

愛する自信・愛される自信

投稿日:2017年4月1日 更新日:

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。
それは彼女がコラージュをしているときだった。

「私は頭がおかしいんじゃない。
愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」
それはとてもネガティブでポジティブな二言だった。


彼女が寝た男、の付き合っている女性のことを彼女は嫌っていた。
どんなに猫を仮面をかぶっていても彼女は心の奥底では嫌っていたのだ。
それと同時に彼女がその男のことが気になっていたのは間違いない。
自分が気になっている男が嫌っている女と付き合っている。

でも彼女はこの男と寝たときは確かにこの男が欲しいと思ったのだが、
後にはそれは愛にも嫉妬にも依るものではない、と気付いた。


「みんな単純ね」と彼女は言う。
男と女が複数いたときに起こるトラブルはすべて愛だの恋だの嫉妬だの、って。
彼女も自分自身のことを「危うく」そうなのだと思いかけた。
そんなものに翻弄されそうになって、
そしてそれを認められない自分は頭がおかしいんだと思っていた。
しかし彼女にとってはそんな「単純」な話ではない。


じゃあどんな話なのかというと、それは
好きとか悔しいとか以前の問題なのだという。
そういうもの以前に彼女は人を信用できない。
だから誰かを愛したり愛されたり、その方法もやり方も分からない。
でもそれを他の誰かが簡単に素直に間近で通過しているのをみて、
彼女はそれを妬んだのだ。
これが長いこと沈黙の雨にさらされた彼女が見出した答えのひとつのようだ。


今はそれしか分からないが、
それは大きな一歩で答えで何かのスタートでもあるような気がしてならない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼の生まれた意味

彼の生まれてきた意味

彼の話には続きがある。 いや、続きというよりもプロローグというべきか。 別にHSPじゃなくたって、 僕らもふと「一体自分は何のために生まれてきたのか」と漠然と思う時はある。 ぜんそくで死んだ彼は生きて …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

特別でなければならない彼女と何もない自分

特別でなければならない彼女と何もない自分

この日彼女はシャルドネを飲んでいた。普段ならほとんど飲まない。彼女は白ならピノグリが好きだからだ。良く冷えたシャルドネは思いのほかおいしかった。彼女は突然ひどく安堵した自分にきづいた。それは一日を終え …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ