彼女の話

愛する自信・愛される自信

投稿日:2017年4月1日 更新日:

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。
それは彼女がコラージュをしているときだった。

「私は頭がおかしいんじゃない。
愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」
それはとてもネガティブでポジティブな二言だった。


彼女が寝た男、の付き合っている女性のことを彼女は嫌っていた。
どんなに猫を仮面をかぶっていても彼女は心の奥底では嫌っていたのだ。
それと同時に彼女がその男のことが気になっていたのは間違いない。
自分が気になっている男が嫌っている女と付き合っている。

でも彼女はこの男と寝たときは確かにこの男が欲しいと思ったのだが、
後にはそれは愛にも嫉妬にも依るものではない、と気付いた。


「みんな単純ね」と彼女は言う。
男と女が複数いたときに起こるトラブルはすべて愛だの恋だの嫉妬だの、って。
彼女も自分自身のことを「危うく」そうなのだと思いかけた。
そんなものに翻弄されそうになって、
そしてそれを認められない自分は頭がおかしいんだと思っていた。
しかし彼女にとってはそんな「単純」な話ではない。


じゃあどんな話なのかというと、それは
好きとか悔しいとか以前の問題なのだという。
そういうもの以前に彼女は人を信用できない。
だから誰かを愛したり愛されたり、その方法もやり方も分からない。
でもそれを他の誰かが簡単に素直に間近で通過しているのをみて、
彼女はそれを妬んだのだ。
これが長いこと沈黙の雨にさらされた彼女が見出した答えのひとつのようだ。


今はそれしか分からないが、
それは大きな一歩で答えで何かのスタートでもあるような気がしてならない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

ワガママ

”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”

彼女は人に好かれるのも苦手だ。 以前”この人は結局ワガママなんだよ、自分が一番かわいくて一番大事なんだ”と言われ、 彼女は全くもってその通りだと笑ってしまった。 なので彼女はあまり人に予定を合わせたり …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ