彼女の話

愛する自信・愛される自信

投稿日:2017年4月1日 更新日:

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。
それは彼女がコラージュをしているときだった。

「私は頭がおかしいんじゃない。
愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」
それはとてもネガティブでポジティブな二言だった。


彼女が寝た男、の付き合っている女性のことを彼女は嫌っていた。
どんなに猫を仮面をかぶっていても彼女は心の奥底では嫌っていたのだ。
それと同時に彼女がその男のことが気になっていたのは間違いない。
自分が気になっている男が嫌っている女と付き合っている。

でも彼女はこの男と寝たときは確かにこの男が欲しいと思ったのだが、
後にはそれは愛にも嫉妬にも依るものではない、と気付いた。


「みんな単純ね」と彼女は言う。
男と女が複数いたときに起こるトラブルはすべて愛だの恋だの嫉妬だの、って。
彼女も自分自身のことを「危うく」そうなのだと思いかけた。
そんなものに翻弄されそうになって、
そしてそれを認められない自分は頭がおかしいんだと思っていた。
しかし彼女にとってはそんな「単純」な話ではない。


じゃあどんな話なのかというと、それは
好きとか悔しいとか以前の問題なのだという。
そういうもの以前に彼女は人を信用できない。
だから誰かを愛したり愛されたり、その方法もやり方も分からない。
でもそれを他の誰かが簡単に素直に間近で通過しているのをみて、
彼女はそれを妬んだのだ。
これが長いこと沈黙の雨にさらされた彼女が見出した答えのひとつのようだ。


今はそれしか分からないが、
それは大きな一歩で答えで何かのスタートでもあるような気がしてならない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

サンタマリア号

(※映画『トゥルーマンショー(The Truman Show/1998)』よりネタバレ注意) 自分が一体どこから来て、何者になっていき、どこへ行くのか。 到底答えが出そうもないこのテーマについていつの …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

安心のための食いしばり

彼女の城は彼女にとって大体は心地のいい場所であることは間違いないが、僕はそこで落ち着かない。冬の彼女の大事なパートナーコタツはテレビの正面に配置されている。映画をみるときの彼女の定位置だ。ただしコタツ …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年11月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ