彼女の話

カラフル

投稿日:2017年2月22日 更新日:

彼女は白と黒の世界しか描かない。
写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、
昔は写真もモノクロばかり撮っていた。
そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたので、そこが落ち着くし好きだ。

でも実はカラフルなものも人よりずっと好きなのである。
ヒマがあるとGoogleで『カラフル』とか『colourful』とか『colorful』とか
ワードを替えながら画像を延々とみて「ほぉおおおお、おお、おぉ」とか言いながらニヤニヤしているのである。
どうもそれは別に『アーティスチック!!!』と思えるものである必要はないようで、
ただただ色が溢れていればいいようなのだ。


その中でも最近気になっているものは、小学生の群れだ。
彼女は下校中の小学生の行列に会うことがあるのだが、これがまあ色んな意味で賑やかなのである。
一体何の大事件が起こったのかというほどに各々が大声で各々の話を一生懸命に喋っているのである。
そしてそんな彼らが身に着けているもののひとつひとつがいちいち鮮やかな色ばかりでカラフルなのだそうだ。

小さい子というのは、大人にはなかなかできないファッションコーディネートを親に施されていて
見ていると彼女はとても幸せになる。
子供らしいパステルカラーもかわいいが、ビビットな色を子供が大人みたいに来ているのもほほえましい。
冬はいろんな色のジャンパーのファーもどきをフワフワ揺らしながら歩いていく。
その多色の波にとどめのアクセントを添えるのが
あのランドセルに被せられた黄色い交通安全カバーで
唯一全員が共通してもっている色なのである。


彼女は彼らとすれ違うたびに、
「お、今日の群れはいいな」とか「今日の色はちょっと暗めだった・・・」などと
勝手に評定して楽しんでいるのである。
いつも写真が撮れたらなぁと思っているのだが、大人が付き添っていることもあるし
カメラを向けるのはなかなか難しそうだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ