彼女の話

冬の彼女

投稿日:2017年1月14日 更新日:

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。

朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタツの電源を真っ先に入れ、温まるまで寒いという理由で熱いお湯を浴びにバスルームへ行く。それから運よくキッチンに向かう気になれば夕食をコタツへ運ぶが、それに耐えきれない寒さ(もうエアコンも効いているのだから大したことはないのだ!)だとコタツへ直行し、空腹をガマンしてでもコタツに居座る。たまたまその辺にお菓子でも転がっていれば食べることもあるが、本を読み始めたり絵を描いたりパソコンに向かえば気も紛れるので空腹はあまり気にならない。

とにかく彼女は寒いのがとても!キライなのだ。
しつこくて申し訳ないが、彼女は寒さほど自分を不幸にするものはないのではないかと思っている。
彼女は真夏の40度近い暑さを経験しても、真冬よりはマシだと思っていた。

冬の彼女は部屋がどれだけ散らかっていこうと、冷蔵庫にモノがなくなろうと、たとえ何かに遅刻することになったとしてもずっとずっとずっと温かい空間にいることだけを目指している。
だから冬の彼女はますます外に出なくなってしまうのだが、
やむなく出かけなければならなくなった北風強く雪が散らんばかりのある夜、
彼女はもうどうして今こんな時に自分は外にいなければならないのかといい歳してぽろぽろ泣き出してしまった。

なんとも打たれ弱いだけ、運動でもしろ、と言ってしまえばそれまでなのだが、
僕はときどき寒さに異常に震える彼女をみて、
ひょっとしたらそれが彼女をいつか殺しうるような、そんな怯えにもみえてしまうことがある。

彼女は引っ越しをするとき、その空間のすべてが即効で暖かくなるようなこじんまりとした城をいつも選ぶ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

静けさと感情でいっぱいの場所

彼女はときどき美術館に行く。 行ったことのない遠くの美術館へも気になる展示があれば出かけていく。 美術館は大抵街の真ん中にあったりして、 駅の改札を抜け、雑踏を抜け、美術館の入り口を抜けると突然ロビー …

noimage

退行する彼女

彼女は自分は成長どころか退行していると感じている。 彼女はNと相変わらず連絡をとっていない。 Nからは、週末を使った小旅行に行かないかと誘いがあったのだが答えていない。 読んだときは何も思わなかった。 …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

彼女と大きな存在

彼女と大きな存在

彼女は大きいものをこわがる。 おそらく巨大物恐怖症というやつだと思われるが、一番最初に怖がったものは壁画だった。 小学生の時に学校行事で訪れた公民館に大きなモザイク壁画があり、 振り返った目先に突然現 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ