彼女の話

彼女に触れるもの

投稿日:

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。
窮屈で身に着けたがらない。
ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。
ワンピースは好きだ。

もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよくない。
ハイカットスニーカーの「ハイ部分」が足首に当たるのも落ち着かないので、長めの靴下を必ず履く。

シーツや布団カバーの毛玉が触れると眠れない。
ザラザラしたのが彼女の肌を刺激してしまって小さなころから我慢がならない。
中の布団が寄ってしまって、布団カバーの薄く軽いペラペラしたのだけが肌に触れるのも嫌だ。
眠りたいのにざわざわしてしまって目が醒めてしまう。


これらは特に周りから彼女が神経質だと決定づけられてしまう要素のひとつになっていて、
彼女は長い間神経質なのだと自他から洗脳されてきた。
それはどうも彼女の気質にもよるようなのだが、僕らはそれと神経質とどう違うのかよくわからない、と思っている。


彼女に触れるもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

メロディの輪郭

涼しくなってきて、彼女は職場への道を再び歩くようになった。 イヤフォンを使うことが少なくなった。 空想の宇宙から離れて目の中に入ってくるものを見ている。 うつむいた先に安物の革のぺたんこ靴、顎を上げる …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

死人工場

強烈なタイトルにあまり驚く必要はなくて、要するに今回の彼女の夢のイメージはこうだ。ひどく暗い閉鎖的なその場所はほとんどがグレーや黒光り、はがね色サインペンと墨汁色の水彩絵の具で描かれたような場所であっ …

noimage

彼女の乏しい注意力

彼女を見ていると、ほと集中力がまったくないのがよくわかる。いや、集中力がない、というよりは気が激しく分散していると言った方が正しい。同じことだろうと思われるかもしれないが、例えば本を読む、映画をみる、 …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年10月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ