彼女の話

彼女に触れるもの

投稿日:

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。
窮屈で身に着けたがらない。
ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。
ワンピースは好きだ。

もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよくない。
ハイカットスニーカーの「ハイ部分」が足首に当たるのも落ち着かないので、長めの靴下を必ず履く。

シーツや布団カバーの毛玉が触れると眠れない。
ザラザラしたのが彼女の肌を刺激してしまって小さなころから我慢がならない。
中の布団が寄ってしまって、布団カバーの薄く軽いペラペラしたのだけが肌に触れるのも嫌だ。
眠りたいのにざわざわしてしまって目が醒めてしまう。


これらは特に周りから彼女が神経質だと決定づけられてしまう要素のひとつになっていて、
彼女は長い間神経質なのだと自他から洗脳されてきた。
それはどうも彼女の気質にもよるようなのだが、僕らはそれと神経質とどう違うのかよくわからない、と思っている。


彼女に触れるもの

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女に似た人

彼女は人の多いオフィスを訪れたとき、昔の職場であった女性のことを思い出した。どこか自分と似ていると思いながら同情心とイラつきを同時に持っていた。その時彼女は1フロアに100人以上はいるようなかなり大所 …

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

noimage

消えた野良犬たち

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。 ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。 地域犬というのは聞きませんね、と言うと その人は『犬 …

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ