彼女の話

彼女と時計

投稿日:

彼女の城には時計がない。
もう何年も置かない。

とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。
他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、
そうできるときとできない時がもちろんある。
(ちなみに友人Nの家に泊まるときはこの秒針音に加えて、
コードレス掃除機の充電ランプがピカピカ光るという苦痛が加わる。
自分の掃除機を買った際はこの点も考慮した。
黙って充電できないのかとNに抗議するもNはまったく気に留めなかった。)
 
最近はスイープセコンド時計と言って、滑るように秒針が進み音が鳴らないものもあるのだが、
実はこれも構造上うっすらとごく小さく小さくではあるが音がなってしまう。
彼女は店で無意識にこのタイプの時計にも耳を当ててしまったばっかりに
この知らなければ気づかなかったかもしれない音に気づいてしまい、
このタイプの購入もやめてしまった。
 
もう一つは設定した時間になると秒針が止まる、という時計が最近あるようで
にわかに気になってはいる。
 
なぜ時計の話かというと彼女がもう10年以上使っている腕時計の電池が
また切れたからである。
時計のない空間で仕事にも行かなければならない彼女にとって
スマホはよくバッテリーが切れているか行方が分からなくなり、
パソコンもテレビもついていないことが多いので、
いつも腕時計で時間を確認することになる。
腕時計も外出時以外はつけないが、
彼女にとっては必須のものなのでいつも居場所が明らかだ。
 
電池が切れたことにきづいてこの1週間、彼女はかなりの不便を強いられた。
電池を買いに行けず、たかだが何時なのか知るのに
まずパソコンの電源を入れる、
またはテレビのリモコンを探す(あまりつけないのでぞんざいに本の中に紛れていたりする。)
もしくはスマホの充電をするといった手続きを踏まなければならなかった。
 
今日彼女はやっと手に入れた新しい小さな電池をそばに
腕時計の裏蓋をこじ開けながらやはり時計を買うべきか考えていた。
 
おそらくは次回またこの電池の寿命がやってくるまでこのテーマは忘れられることになるが。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

『鑑定士と顔のない依頼人』

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意 この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。 とてもとても美しいラストシ …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

記事内の彼女の絵や写真。
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ