彼女の話

彼女と時計

投稿日:

彼女の城には時計がない。
もう何年も置かない。

とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。
他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、
そうできるときとできない時がもちろんある。
(ちなみに友人Nの家に泊まるときはこの秒針音に加えて、
コードレス掃除機の充電ランプがピカピカ光るという苦痛が加わる。
自分の掃除機を買った際はこの点も考慮した。
黙って充電できないのかとNに抗議するもNはまったく気に留めなかった。)
 
最近はスイープセコンド時計と言って、滑るように秒針が進み音が鳴らないものもあるのだが、
実はこれも構造上うっすらとごく小さく小さくではあるが音がなってしまう。
彼女は店で無意識にこのタイプの時計にも耳を当ててしまったばっかりに
この知らなければ気づかなかったかもしれない音に気づいてしまい、
このタイプの購入もやめてしまった。
 
もう一つは設定した時間になると秒針が止まる、という時計が最近あるようで
にわかに気になってはいる。
 
なぜ時計の話かというと彼女がもう10年以上使っている腕時計の電池が
また切れたからである。
時計のない空間で仕事にも行かなければならない彼女にとって
スマホはよくバッテリーが切れているか行方が分からなくなり、
パソコンもテレビもついていないことが多いので、
いつも腕時計で時間を確認することになる。
腕時計も外出時以外はつけないが、
彼女にとっては必須のものなのでいつも居場所が明らかだ。
 
電池が切れたことにきづいてこの1週間、彼女はかなりの不便を強いられた。
電池を買いに行けず、たかだが何時なのか知るのに
まずパソコンの電源を入れる、
またはテレビのリモコンを探す(あまりつけないのでぞんざいに本の中に紛れていたりする。)
もしくはスマホの充電をするといった手続きを踏まなければならなかった。
 
今日彼女はやっと手に入れた新しい小さな電池をそばに
腕時計の裏蓋をこじ開けながらやはり時計を買うべきか考えていた。
 
おそらくは次回またこの電池の寿命がやってくるまでこのテーマは忘れられることになるが。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女に似た人

彼女は人の多いオフィスを訪れたとき、昔の職場であった女性のことを思い出した。どこか自分と似ていると思いながら同情心とイラつきを同時に持っていた。その時彼女は1フロアに100人以上はいるようなかなり大所 …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

抑圧と創造

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。 描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。 また描き始めたとき、 彼女は以前ももしかしたら描いているよう …

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ