彼女の話

だれかのことを思うとき

投稿日:2016年12月25日 更新日:

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて
大中小の箱をそれぞれ置いていった。
12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。
彼女はみんなきちんとパーフェクトなタイミングで届けたものだと感心した。
(彼女は自分が贈ったものが果たして今日までに届いたか自信がない。)


彼女も昔はなんとなくクリスマスを冷めた目で眺めていたものだ。
商業的で大した信仰心もないのによくもまあ毎年毎年ここまでお祭り騒ぎができるものだ、と。
いつの頃か分からないが彼女があまりにも楽しそうな周囲をみて、ふと笑えてくるまで。


みんなだって別になんだっていいのである。
毎日が単調に過ぎていく中で、時々ゆっくりとしかし確実に近づいてくる何かの日。
バレンタインデーとか花火大会とか好きな映画の待ちに待った新作公開日とか。
わくわくできてささやかに日常を崩壊させるもの。


そしてそんな日に至るまで人は自分以外の誰かのことをよく思う。

最近何してんのかな
なんも言ってこないからまた忙しいかな
きっと変わらず本でも読んでるわね
誰かとどっか行くかな
引っ越すって言ってたけどどうなったんだろ
何贈ろうかな
好みが難しいんだよな


いつの頃からそれぞれのイベントの趣旨とか行事の意味とかはあまり重要ではないのだと気づいて、
彼女はなんとなくそわそわしてくる人たちを眺めながら年末を楽しめるようになった。


彼女が今日受け取った箱には新年から使える本革の財布(わお!)、大判のストール、靴下、大量のお菓子やカードがそれぞれ詰められていた。

「こんな自分のことを自分の知らない時に知らない場所で考えていた誰かがいた、という確実な事実が私のおなかをあたためる」

彼女は毎年そうしているようにプレゼントとカードを部屋の一番目につくところに並べた。



だれかのことを思うとき

-彼女の話

執筆者:

関連記事

怒りと光り

怒りと光り

このタイトルを見て、僕は一体何を書こうとしていたのかまったく思い出せない。 下書きフォルダでほこりをかぶっていただけのタイトル。 だけどほうっておけないかもしれないこのときの出来事を 僕は世の中に上げ …

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

noimage

おでこのこり

最近とても気になっていることがある。 それは彼女のおでこのコリだ。 彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど いつの間にか眉間に力が入ってしまう。 しわができない代わりにずっ …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ