彼女の話

歯っ欠けの彼女

投稿日:

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。
笑ってしまった。


幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。
だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、
彼女はついに恐れていたことが始まったのだとショックを受けた。
彼女には他にヒビが入っている本物の歯もある
今回は詰め物だったがこの次はホンモノが欠けるかもしれない。


詰め物詰め物と言ってはいるが、今回歯に穴が開いたのは事実なのである。
歯医者によると、咬みしめ癖がハンパないのでなるべくならセラミックを入れるよう勧められた。
ろくまんえん。
そこ5mmくらいの穴を埋めるのに6万かかるという。

というのも保険が適用されるプラスチックやいわゆる銀歯は
セラミックほどきれいには入らないし、
咬みしめ癖のある彼女には強度と耐久力もあるセラミックが理想的だという話なのだ。

彼女は「ろくまんえんかぁ」とぼんやり考えた。
彼女の口腔内には銀歯は1か所しかない。
歯医者もせっかくきれいなのだから銀歯もあまり薦めない、という。
彼女自身も銀歯はいやだな、と思った。
長い目で見れば6万円かけて今セラミックを入れておいた方がいいような気がしてきた。


と黙って考えていると、歯科医師は『どの点でお悩みですか?』と投げかけてきた。
その途端彼女はたった今までセラミックにしようかなと考えていたのに、
「6万円って高いですね」と呟いたのである。
彼女は自分でも少しびっくりした。
こういうことは時折あるのだが、
彼女は「歯科医師は『この人はきっと費用面で悩んでいるのだろう』と思っているだろうな。
だから決定的な一言を促すような質問をよこしたのだろうな」と即座に感じたのだ。
そして自分が直前まで考えていたことよりも先に、
この歯科医師が望んでいるだろう答えが口をついて出たのである。


結局彼女は保険内1400円ほどで済む白いプラスチックをはめ込んだ。
何もなければ2年くらいは大丈夫だろうと言われ彼女も納得してそうしたのだが、
自分の考えやら、それに反した言葉やら、この変わり身の早さといったら
自分でもなんだかおかしくなっちゃうなぁと苦笑する彼女であった。

それにしても彼女の咬みしめ癖は他の歯も砕くことになるのだろうか。
一体いくらかかるようになるのやら。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

noimage

彼女のカトラリー

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。 ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。 いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。 子供のころから彼 …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ