彼女の話

検診

投稿日:

彼女は最近定期健診を受けた。
結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。
よかったよかった。


受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。
エコーには相変わらず腫れた甲状腺といくつかの良性腫瘍が映っていた。
心電図では異常なく脈打っており、
採られた血液はいつもと同じようにどす黒かった。
彼女は自分の血を見るたびに血って黒いんだよな、と思う。


医師からは基準値よりも低血圧低血糖低脂質低たんぱく痩せすぎが伝えられたが、
彼女はそんなことよりも肝臓になんの異常もなく何よりだったと思った。
最近ダウンタイムのおかげで飲む時間まで増えているから少し恐れていた。


近頃の検査結果というのは大変分かりやすく絵やグラフ付きで書かれていて
素人でも自分の体について興味をもってよくよくみることができる。

それでも彼女はおびただしいカタカナやアルファベットや数字の羅列を眺めながら
体というのはよくできているのだなぁと自分の体を突然誇らしく思い、
頑張ってくれている体のためにお酒を少し控えることに思いを馳せ、
それから無性に赤い肉を食したくなったのだった。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

温かみは城の外に

温かみは城の外に

最近彼女が恋しがっているのが分かる。 彼女はさみしがっている。 誰かにそばにいてほしいと思っているし、 横で寝息が聞こえたら頭痛と共に目が醒めることもなくなるだろうと思っている。 男。 今まで彼女はあ …

忘れていく彼女―ことば

忘れていく彼女 -ことば

前回のつづき 彼女はこうやって自分の記憶があまり正確でも信用できるものでもないようだと気づいたとき、 それまでよりも余計に自分がふわふわしたところにいる感覚が強くなってしまった。 小さいころから自分が …

noimage

2020/03/17

意味

noimage

2020/01/31

メロディの輪郭

noimage

2020/01/29

真くろの向こう

記事内の彼女の絵や写真。
2020年9月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ